コロナ疲れを癒す行動とは

2020.04.18 Sat

うちの会社ではいろいろなアイテムを取り扱っています。
コロナの影響を受け、次亜塩素酸のスプレーが入荷するたびに保育園、幼稚園、タクシー会社、レストランと、さまざまな方が買いに来てくれます。

先週は中国の取引先から電話があり、

「中国国内ではマスク不足が解消され、たくさんマスクがあるので送りましょうか?」

と有り難いオファーがありました。
しかも「2000枚でいいですか?」という大盤振る舞いのオファー。

「いえいえ、その半分でも十分です」

「1箱2000枚なので、2000枚送ります」
まだ受け取っていませんが、大変有り難いことです。

今はやはり保存できる食品が人気です。
スーパーに行くと、パスタのコーナーは空っぽ。
お店が閉まっても大丈夫だと安心できるためでしょう。

また免疫を上げそうなものも人気があります。

ニンニクとか、黒ニンニクとか、高麗人参などのサプリメントやゼリーなど。

とにかく自己防衛能力アップのためにできることを考えているのでしょう。

こうした消費行動からは、世の中の人々の心の動きが垣間見れます。
助け合いの声がけに心がほっこりするのも、こういう状況だからこそでしょう。

コロナ疲れが溜まる時期ですが、そんなときこそ助け合いの声掛けをして、心を癒したいですね。

関連記事

  • 家で「何もしない」をしてわかったこと

    普段からじっとしているのが苦手で、自分自身を『まぐろ族』と例えるくらい、常に何かしていないと気が済まない性格です。 カレンダーは常に3ヶ月先くらいまで色々な予定…

  • 片目だけで生活してわかったこと

    怪我をして動けなり、いろいろな気づきがありました。 犬の散歩中に転んで顔面をかなり強打したため、額はフランケンシュタインのように腫れ上がり、MRI撮影をしてくれ…

  • 松葉杖をついて痛感したこと

    今回の怪我で、生まれて初めて松葉杖、そして車椅子を体験しました。 右顔面を強く打ち、右目が腫れ上がって見えないうえに、右手も酷く打って紫色に。 整形外科ではMR…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。