不安な気持ちを和らげるヒュッゲな時間の過ごし方

2020.03.27 Fri

コロナウイルスの影響でなかなか外に行く機会もなく、家で憂鬱なニュースばかりを聞いている母を連れ出そうと、久しぶりに母と娘と私の3人でドライブに行きました。
ゆっくりランチしてから娘の運転で母と一緒に梅林へ。
お天気がよく、青空のもと暖かい日差しを浴びながらおしゃべりをし、梅の花を楽しみながら散歩しました。

ふと母が、
「ねえ、ところで、梅って木になっているところを見たことがないけれど、どこになるのかしら?」
と、近くにある梅干しの工場を見て言いました。
娘「そういえば、梅の花は見るけれど、梅の実が木になっているところは見たことないわねえ。小枝になるのかな?それとも木の枝に数珠なりになるのかしら?」
私「普通に考えれば、花が咲いているときに受粉して、そこに実ができると思うけれど」
娘「でももしも梅がこの花の数できたら、どうやって収穫するの?すごい数でしょう?」


(娘のなおみちゃんと母)

それを聞いていた梅農家の人が、
「花びらが落ちるころ、花の根元にプクッとした実ができて、それがどんどん大きくなるんですよ。それをひとつづつ手摘みするんです。木を揺らして実を落としたりすると、傷ができるから、手でひとつづつ収穫するんです」
と説明してくれました。
なんでもないような会話でしたが、いかに普段何も考えないで、梅干しを口にし、梅の花を観賞し、その間のことは全く考えていなかったかに気づきました。

こうしてのんびりと梅の林の中を歩き、他愛ない話を楽しむ時間はヒュッゲなひとときでした。
コロナウイルスで自粛ムードになり、なかなか外出できなくなりましたが、そんなときこそ大切な人との時間を大切にできたらいいですね。

関連記事

  • コロナ禍で開催した、小さな花火大会

    夏の風物詩といえば花火ですが、今年はコロナのせいでほとんど見られなかったので、あきらさんの家の庭で小さな花火大会をしようということになりました。 花火大会を間近…

  • 老人ホームに遺された文から考える「老いたときの気持ち」

    老いはだれにでも訪れるものです。 少子高齢化社会になり、高齢者への接し方も見直すべきタイミングを迎えています。 スウエーデンの老人ホームであるお婆さんが亡くなり…

  • 我が家にやってきた3匹のワンコたち

    我が家にはこれまで3匹のワンコがやってきました。 最初のワンコはゴールデンレトリバーのカプチーノという女の子で、子供たちがお年玉を出し合って家族にしました。 雷…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。