誕生日にもらうと幸せな気分になるバースデーカード

2019.12.20 Fri

「この歳になると、誕生日は『おめでとう』じゃなくて『御愁傷様』ね」
とジョークを言っていた私ですが、今年の誕生日はとっても素敵なお葉書をいただきました。
今年の春に会社を辞めた元部下の女性からです。

2児の母でもある彼女は、私の会社で10年間営業職として働き、新しい風を会社に吹き込んでくれた人でした。
40歳になり、親しい友人の死をきっかけに新しい人生へ踏み出す決心をして看護の道に進んだ彼女。
残念でしたが、最大のエールとともに送り出しました。

ハガキにはこう書いてありました。
「この10年のお礼を伝えたくて筆をとりました。ビューエルさんが作ってくれていた環境、人間関係、会社の雰囲気全てに幸せや愛情が詰まっていたのだなと、実感しています。感謝の気持ちでいっぱいです」

『あ〜、私はなんて幸せ者なんだろう。』
そう感じた瞬間でした。

7年前に大手企業と資本提携をした今の会社は、正確には私の会社ではありません。
でも、自分で作った会社は子供と同じようなもの。
さらに立派に大きく成長して欲しいという一心で頑張ってきました。
そのおかげで、資本提携から7年経った今、売り上げは過去最高。利益も中小企業ながらに1億6千万円を叩き出すほどになりました。

私は常に愛情を持ってスタッフや周りの人々に関わってきました。
そのことをちゃんと理解してくれていたのだとわかり、とても嬉しい気持ちになりました。

ありがとう。優子さん。

関連記事

  • 家で「何もしない」をしてわかったこと

    普段からじっとしているのが苦手で、自分自身を『まぐろ族』と例えるくらい、常に何かしていないと気が済まない性格です。 カレンダーは常に3ヶ月先くらいまで色々な予定…

  • 片目だけで生活してわかったこと

    怪我をして動けなり、いろいろな気づきがありました。 犬の散歩中に転んで顔面をかなり強打したため、額はフランケンシュタインのように腫れ上がり、MRI撮影をしてくれ…

  • 松葉杖をついて痛感したこと

    今回の怪我で、生まれて初めて松葉杖、そして車椅子を体験しました。 右顔面を強く打ち、右目が腫れ上がって見えないうえに、右手も酷く打って紫色に。 整形外科ではMR…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。