大国のリーダーが気づかない環境問題

2019.08.17 Sat

デンマーク在住の友人あけみさんが
「芳子さん、明後日出発だと思うけれど、デンマーク異常気象で、すごく暑いから洋服注意してね!」
とわざわざ電話をくれました。

いつもだったら、デンマークの夏は日本の5月くらいの気候で、雨が多くて寒い日も多いのです。
ところがここ数年はとんでもなく暑いとのこと。31度になる予定もあり、このままいくとグリーンランドの周辺の氷が溶けて、水没する地域が増えるという意見も出ているそうです。
北欧なのに、今の日本より高い気温です。

あけみさんと他愛ない会話をして電話を切ったのですが、異常気象は世界のあちこちで起こっています。
それは当然のことながらアメリカも同じです。

アメリカではトランプ大統領が次の選挙に出馬すると表明したものの、共和党をサポートする農家の多くは、環境問題に注力しないトランプ氏に対して懐疑的です。
「もしも民主党が環境問題を改善できるならそちらをサポートしても良い」
という発言をしているニュースを見たのを思い出しました。

アメリカ各地でも異常気象で、水害が起こり、農家は大きな被害を受けています。
その際、トランプ氏が環境について空を見上げて、
「アメリカの空はブルースカイで、とっても綺麗だ。何も心配することはない」
と発言しているクリップも入っていました。

大国のリーダーが気づかない環境問題。
これは空恐ろしいことだと思いました。
ひとりひとりが環境問題に目を向ける必要があるでしょう。

関連記事

  • 10月26日で、創業したアペックスを卒業します

    秋になると涼しくなり、ちょっと寂しい気持ちになります。 株式会社アペックスを起業してからの32年間、立派な会社に育て、そこで働く人々の幸せを願って頑張ってきまし…

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。