日本文化が苦しい働き方の原因?スウェーデンに学ぶ幸せな働き方

2019.06.19 Wed

スウェーデン大使館にて、大使館とSCCJ(在日スウェーデン商工会議所)共催の「SCCJ Accademy」でセミナーをさせていただきました。
約30名の受講生の方々が参加されていましたが、そのほとんどがスウェーデン企業の日本法人のスタッフでした。

今回のセミナーは、新しい著書『FIKA世界一幸せな北欧の休み方・働き方』の本を元に、
1)FIKAの文化の定着率、日本人的目線から見たFIKAのメリット・デメリット
2)有給休暇
3)残業
4)キャリアを積んでいきたいときの壁
5)自分自身を大切にしているか?
のポイントを踏まえたワークショップ形式。

参加社のうち、8割ほどは「FIKAが定着していない」または「FIKAにトライしたけれど、時間が勿体無いと廃止になった」とのこと。

IKEAではすでにFIKAの文化が取り入れられていて、毎週金曜日に全社員が一緒にコーヒーを飲みお菓子を食べながら情報交換、親睦の時間をとっているそうです。
IKEAが生まれたスウェーデンは世界的に有名なブランドを多く世界に排出しています。
残業をする人口比率は全人口のわずか1%ながら、GDPが非常に高いのです。

一方、日本企業の社員で「全く残業がない」と答えた人は一人もおらず、残業をする・しないが昇進に関わることは一切ないとの答えでした。
そんな日本人からすると、全員が仕事をストップして、お茶を飲み、話をするFIKAの文化には違和感があるようです。

やはり日本の場合、日本独自の文化を排除するのは厳しいのか?と感じずにはいられませんでした。
少しでも多くの会社がFIKAの文化を取り入れ、働き方を見直してくれればと願っています。

関連記事

  • 歴史ロマン感じる”古い直線路”「レイライン」巡りのススメ

    先日のアルトのワークショップで、レイラインについて学びました。 レイラインとは「古い直線路」とも呼ばれます。 レイライン(ley line)は、古代の遺跡には直…

  • 社長が一番嫌いなフレーズ

    以前「社長が一番嫌いなフレーズ」という特集で、 「お話があるんですが」 という言葉が挙げられていました。 スタッフから「お話があるんですが」と言われたら、だいた…

  • 会社存続の危機に直面したらどうすればいいか

    会社経営の悩みの9割は、「お金」と「人」ですが、経営者としての経験年数が長くなるにつれ、その割合は低くなっていく傾向にあります。 「お金」と「人」以外で、会社経…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。