“心からの感謝”が、うれしい形で返ってきた日

2019.05.24 Fri

私は『フォーシーズンズホテル丸の内 東京』をよく利用します。
きっかけは、和朝食。
そのおいしさに惚れてから、お気に入りのホテルのひとつになっています。

先日も、同ホテルで友人誕生日を祝うランチ会を開催。
食事を楽しみ、会計をして帰ろうかという頃、私たちのテーブルを担当してくれていた女性スタッフが声をかけてきたんです。
「ビューエルさん、ことを覚えていらっしゃるかどうかわかりませんが……2〜3年前まで、お正月によくご家族で当ホテルをご利用いただきましたよね?」

確かに年末年始は、夫と、長女とそ家族、長男とそ家族、次男夫婦の全員で都内ホテルに滞在しています。
もちろん、お気に入りの『フォーシーズンズホテル丸の内 東京』も利用していました。

お正月に家族が集まると、常にお料理を作らなくてはなりませんよね。
でも、いつも仕事で忙しいが、年末年始まで動き回っていてはとても体がもちません。
そこで、都内ホテルでゆっくりとお正月を過ごそうということになったんです。

そしてスタッフの彼女は、こう続けました。
「元旦朝、ご朝食を準備させていただいたとき、たちにお年玉をくださった覚えていますか?」

は、大晦日から元旦という時期にもかかわらず、お客様ために一生懸命に働くスタッフの方々を見て
きっとこの方たちだって、家でゆっくりと、家族と一緒に年末年始を過ごせたらと思っているに違いない……と考えたんです。
そこで、ポチ袋に新札の千円札を入れておき、サービスについてくれたスタッフのみなさんに
「ほんちょっとですけれど、お年玉です!」と手渡していました

みなさん、最初は受け取るのを躊躇するんですが
「ほんちょっとです」言葉に、うれしそうにポチ袋を手に取ってくれました。
今声をかけてくれた彼女は、そのお年玉をもらってくれたスタッフのひとりだったんです。

、あお年玉が本当にうれしくて、ずっと忘れらなかったんです。今日、こうしてお会いしてお礼を言えて、よかったです!」

もしかしたら、千円なんて少なすぎるかな?
もしかしたら、これっぽっちってがっかりされるかな?
そんな心配をしながらも、“心から感謝気持ち”としてみなさんにお渡ししていた
気持ちが通じていたとわかって、本当にうれしくなりました。

なんだかとても気持ちがほっこりした出来事でした。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。