会社を30年以上経営して思うこと

2019.04.13 Sat

2019年の3月28日、株式会社アペックスは設立31周年を迎えました。
成り行きで起業した私は、まさか30年以上も会社を維持して成長させることができるとは思っていませんでした。

31周年の記念パーティーでは、入社10周年を迎えるスタッフの功績を称え、また新たなキャリア(看護師の道への挑戦)を目指す2人の子供を持つママさんスタッフの旅立ちを祝い、楽しい時間を過ごしました。

入社当時は結婚したら退社すると言っていた西条さん(中央)ですが、今では2人の子のママになり、勤続10周年を迎えました。


新たなキャリアを目指すことになった岡本さん。
40歳という節目の年を迎えて考えることがあったのだと思います。

それぞれのスタッフの思い出話やスピーチに涙腺が緩くなった1日でした。
チームで仕事するというのは幸せなことですね。
みなさんも苦労があるとは思いますが、チーム仕事をぜひ楽しんでください。

関連記事

  • 社長が一番嫌いなフレーズ

    以前「社長が一番嫌いなフレーズ」という特集で、 「お話があるんですが」 という言葉が挙げられていました。 スタッフから「お話があるんですが」と言われたら、だいた…

  • 会社存続の危機に直面したらどうすればいいか

    会社経営の悩みの9割は、「お金」と「人」ですが、経営者としての経験年数が長くなるにつれ、その割合は低くなっていく傾向にあります。 「お金」と「人」以外で、会社経…

  • 大国のリーダーが気づかない環境問題

    デンマーク在住の友人あけみさんが 「芳子さん、明後日出発だと思うけれど、デンマーク異常気象で、すごく暑いから洋服注意してね!」 とわざわざ電話をくれました。 い…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。