会社を30年以上経営して思うこと

2019.04.13 Sat

2019年の3月28日、株式会社アペックスは設立31周年を迎えました。
成り行きで起業した私は、まさか30年以上も会社を維持して成長させることができるとは思っていませんでした。

31周年の記念パーティーでは、入社10周年を迎えるスタッフの功績を称え、また新たなキャリア(看護師の道への挑戦)を目指す2人の子供を持つママさんスタッフの旅立ちを祝い、楽しい時間を過ごしました。

入社当時は結婚したら退社すると言っていた西条さん(中央)ですが、今では2人の子のママになり、勤続10周年を迎えました。


新たなキャリアを目指すことになった岡本さん。
40歳という節目の年を迎えて考えることがあったのだと思います。

それぞれのスタッフの思い出話やスピーチに涙腺が緩くなった1日でした。
チームで仕事するというのは幸せなことですね。
みなさんも苦労があるとは思いますが、チーム仕事をぜひ楽しんでください。

関連記事

  • コロナ禍で広まりつつあるフィンランドの精神「SISU」

    北欧というと、一般的にはスウエーデン、ノルウエー、デンマーク、フィンランドを指します。地理的にも近く気候も似ているのでひとまとめされがちですが、それぞれに独特の…

  • コロナで劇的な変化が生まれた展示会

    コロナは世界的規模の被害であり、多くの人々に強制的な変化をもたらしました。 歴史上、類を見ない出来事のひとつだと思い知らされる毎日です。 展示会にも大きな変化が…

  • 突然「狸の置き物」が家の前に置かれていた理由

    先日、我が家のエントランス横に狸の置き物が2つ置かれていました。 アペックスの入り口に置いてあった置き物です。 置きに来てくれた女性スタッフ二人からのメッセージ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。