遠い国に住む人のことを想う日

2019.03.27 Wed

20年近くのお付き合いがあるデンマークのビジネスパートナーからメールが来ました。
「妻が蜘蛛膜下出血で倒れて、手術はしたけれど、脳がひどくダメージを受けていて、助からないかもしれない」
というものでした。

毎年12月31日のカウントダウンが日本で始まると、必ず時差まで計算してデンマークから国際電話で
『新年明けまして、おめでとう!』
と挨拶をしてくれる、そんな粋な友達です。

彼の奥さんの名前はエリザベス。
お料理が上手で何度となくお食事を作ってもらったことがあります。

すぐにデンマークに連絡を入れて話をすると、
「開頭手術後、ずっと麻酔で眠らせていたけれど、今日麻酔をストップするんだ。でも意識は戻らないと思う。今は彼女がそのまま逝ってくれればと願っている」
と言うのです。

19歳で出会って、40年以上一緒にいたおしどり夫婦にとって、パートナーが今にもいなくなるかもしれないというのは想像を絶する不安と悲しみだと思います。

彼には
「とにかくポジティブに考えてね!ずっとエリザベスが良くなるように祈っているから」
と言って、電話を切りました。

今日は彼女が良くなることを祈りながら、かつて彼女が日本を訪れた時のことを思い出しています。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。