日本の結婚式ならではの素敵な風景

2018.12.08 Sat

日本の結婚式と海外の結婚式は形式がかなり異なります。
欧米は、日本よりかなりカジュアルなのです。

日本の結婚披露宴では、海外にはないサプライズがあります。
それは披露宴半ばでお色直しをする際に、エスコート相手を選ぶこと。
新婦の方が先に退場し、新郎もそれに続くのですが、それぞれ一緒に歩いてほしい人を指名します。

こちらは、私の母が内孫の結婚式で「おばあちゃん!」と呼ばれた時の写真です。

母にとっては最初の孫で、内孫。
働く妹に代わって面倒を見た子の結婚式でした。
彼は長身で178cmあります。
亡くなった父(母の夫)も175cmで、「一番おじいちゃんに似ている」と言われている彼と一緒に花道を歩くのはとっても嬉しいできごとです。

始終ニコニコと笑いながら、腕を組んで花道を歩く母の幸せそうな笑顔。
素敵な瞬間でした。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。