4家族だけで150人!驚きのマサイ族文化に触れて

2018.11.14 Wed

ケニアのナイロビからセスナに乗ってアンボサリというところまで行くと、多くのマサイ族が住んでいます。
マサイ族は「勇敢な戦士」と呼ばれますが、実際にマサイ族の村を訪ねたところ驚くことばかりでした。

マサイ族といえば歓迎のジャンピングダンスが有名ですが、男性たちは高く飛ぶために常に関節に注意しているそうです。
いわゆるメディスンマンという医者のような存在がどのマサイ族の村にもいて、酋長の次にえらい存在です。
様々な薬草や木の枝、木の根を使って、マサイ族の健康を管理しています。

一番驚いたのが、150人もいるマサイの村がたったの4家族だということ。
つまり一夫多妻制で、4人の男性がかなりの大家族をまとめているのです。
さらに、ほとんどの力仕事は女性が行います。
家を建てること、薪を拾うこと、お料理することなど、すべて女性の仕事なのです。

では男性の仕事は?というと、1~8人くらいの奥さんを持ち、その奥さんたちと営みを持ち、どんどん繁栄させていくことが仕事なのです。
メディスンマンはいわゆるバイアグラと同じ働きのある薬草を処方し、男性は妻全員を毎晩満たしていきます。
4人の妻がいれば、一晩に4人、8人の妻がいれば、一晩に8人全員を順番に第一夫人から満たすことが仕事だそうです。

彼らの生活を目の当たりにして「?」が沢山頭の上に浮かびました。
みなさんも、文化の違いについて驚いたことはありませんか?
文化の違いに触れると、視野がひとつ広がるかもしれません。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。