シーツで作る“おうち映画館”

2018.10.03 Wed

ヒュッゲな暮らしには、友人や家族との楽しい時間の過ごし方がたくさんあります。
今日はそんなヒュッゲな過ごし方をひとつご紹介します。

私たちの日常生活は携帯電話にかなり支配されています。
今や会議中であっても必要なものや、情報があれば、皆すぐに携帯を取り出してサーチし始めるくらいです。
果たして、会議を聞いているのか、本当に何かをサーチしているのか、はたまたラインで友達にメッセージを送っているのかわからないこともあります。

学生もそうです。
携帯電話の使い方は様々ですが、SMSやゲームなど、使用頻度はかなり高いです。

ほんのちょっとルールを提案するだけで、会話が生まれる環境づくりができます。
パーティーやみんなで一緒に何かするときに、1時間だけでもいいので「携帯電話には誰も触らない」というルールを作りせんか?
60分なら我慢できますよね?

その間、一緒にいる人たちと、貴重な時間を過ごすことができます。

一緒にビデオ鑑賞するのもおすすめです。
ちょっと興ざめしたようなリアクションがあるかもしれませんが、何も家族がみんなテレビ画面の前で同じビデオを見るということだけではないんです。

洗濯バサミでシーツを固定すれば、たちまちスクリーンに。
素敵なビデオ鑑賞がセッティングできます。
みんなで芝生の上に座って、ビデオを見てもいいし、寝袋を持ち出してゴロンと横になりながらビデオを見てもいいんです。
アイディア次第で、とっても素敵なビデオ鑑賞ができます。

そんな素敵な時間を、ぜひ皆さんにも味わってほしいです。

関連記事

  • 悩みに疲れたらどうする?昔の自分が教えてくれるヒュッゲな時間

    私には4歳年上のいとこがいます。 小学校低学年の頃、夏休みや冬休みにいとこの家に連泊で遊びに行っていました。 埼玉県の深谷市にあったいとこの家で過ごした夏休みの…

  • 会話しているとメモを渡してくる母の話

    私の父はすでに他界しました。 84歳の母は妹夫婦と生活していますが、最近妹から、 「母がわがままばかり言う」 という愚痴を聞かされていました。 不思議なもので「…

  • 親の愚痴にどう向き合うべきか

    私の母は今年で84歳です。 父が亡くなってから9年ほどたちます。 父と母は、子供の頃から知り合い同士の家柄で育ち、父も母も小さな頃からお互いを知り、結婚に至った…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。