愛犬パブロとの心癒されるヒュッゲタイム

2018.09.22 Sat

私の愛犬ラブラドールのパブロは体重28キロの立派な雄犬です。
パブロは今年で11歳。
大型犬としては、寿命にかなり近くなっていますが、トレーナーさんは、まだ足腰がしっかりしているから大丈夫だと言ってくださいます。

以前ゴールデンレトリバーの女の子・カプチーノを飼っていて、彼女が12歳を迎えて腰が立たなくなった時、長い毛のケアがとても大変でした。
そのため、今度は毛の短い犬種が良いと思ったのです。

でも小型犬は踏んでしまいそうで怖いし、やはりコンパニオンドッグとして大型犬が欲しかった私は、ラブラドールが良いのではないかと思いました。
ゴールデンとラブラドールは似ているようで、性格的には全く違います。
ラブラドールは本当に天真爛漫です。

パブロは警察犬の学校に今でも週に2回は通い、競技会があると、必ずかり出されるほど臭覚が良い犬です。
パブロが家に帰ってくるとき、私は会社からなるべく早く帰り、まだ陽が残っているうちに夕方のひと時をパブロと一緒に散歩しながら過ごします。

「ねえ、パブロ、今日はどのお友達と遊んだの?」
「暑かったけれど、大丈夫だった?」
なんて話しかけながら、ゆっくりと近所のおきまりのルートを歩きます。

パブロは私が「ねえ、パブロ」というと、必ず私の顔を見上げてくれます。
パブロとののんびりとした散歩は私にとって、とってもヒュッゲな時間です。

そして家に戻ると、私が庭で夕涼みをする間、足元に寝転んでリラックスします。
癒しそのものです。
みなさんも、ぜひそんな瞬間を見つけて心を休めてくださいね。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。