米・バイクレースの悲劇にみた生死の重さ

2018.09.08 Sat
バイク 人生 仕事 外国 生死

米フロリダのデイトナは、車のレースで有名です。
バイカーによるバイカーのバイカーのためのお祭り「デイトナ・ウィーク」が毎年開催されています。
今はどうなのかよくわかりませんが、私が仕事に携わっていた頃のデイトナは、とても熱い場所でした。
通常の車のレースもあれば、バイクのレースもありました。

日本のバイクのレース場に慣れていた私は、取材で訪れたデイトナのレース場にバッファー(衝突時の衝撃を緩衝する物)がないことに気づきました。
生身の人間がバイクでレースをし、ハンドルさばきを間違えた場合、コンクリートの壁に激突するのと、バッファーのある壁に激突するのでは大違いです。

恐れていたことは現実になりました。
バイクウイークの初日、そのコンクリートの壁にレーサーが激突。
そのまま命を落としました。
ショックだったのは、それでもレースを完全にストップしないこと。
バイクはスピードを落として事故車とレーサーが運ばれるまで待ち、そのままレースを継続させるのです。

次の日には、首の骨を折って、レーサーが亡くなる事実を目の当たりにしました。
そのレーサーの父親はコックピットにいたのですが、息子の事故を見たショックで心臓麻痺を起こし、彼もまた亡くなりました。
それでもレースが継続されるという事実にさらにショックを受けました。

いろいろな趣味や仕事でも、何か一つに熱中することはあるでしょう。
でも生命が関わってくるのであれば、注意を払うべきこともあるのではないか?
と強く感じたのを思い出します。

みなさんはどう思われますか?

関連記事

  • 人から憧れられる「モンブラン×星の王子様」のボールペン

    私は昔からあまりブランド物には興味がありません。 仕事ではたくさんのブランドものを扱っていますが、ブランドものだからと購入したことはありません。 私自身が個人的…

  • 留学先で生まれた一生モノの出会い

    私の娘にナオミという日本名をつけたのは、カナダに留学したときにお世話になった日本女性です。 彼女の洗礼名がナオミでした。 私はなるべく日本人がいない地域に行きた…

  • 4家族だけで150人!驚きのマサイ族文化に触れて

    ケニアのナイロビからセスナに乗ってアンボサリというところまで行くと、多くのマサイ族が住んでいます。 マサイ族は「勇敢な戦士」と呼ばれますが、実際にマサイ族の村を…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。