今までで一番「熱い」と感じた職種

2018.09.05 Wed

ずいぶん前のことになりますが、いろいろな会社の輸入部門の代行をしている時にバイクの映像権の輸入の仕事に携わったことがあります。
American Motor Cycles Associationのスーパーバイクの映像を輸入するというものでした。

その前段階として、国内の様々なバイクのレースに同行したのを鮮明に覚えています。
関係者の中には当時有名なレーサーや元レーサーもいて、レース場に行くたび多くのレーサーに、

「あんたさ、こういう仕事に携わったからには、目をつぶっていてもどこのバイクのメーカーかわかるくらいにならないといけないよ!」

と言われ、全くバイクに興味のなかった私は、

「それは無理です」

と即座に答えていました。

 

しかしそれで済まされるわけもなく、よくレーサーにバイク場に連れていかれて、

「目を閉じて!よく聞いて。マフラーの音。」

と、強要されることがありました。

 

最初はもう本当に無茶だと思い、

「仕事外です!」

とつっぱねていたのですが、耳を澄ますうちに、

「軽い音なら川崎、乾いている音ならホンダ、重い音ならドカッティ」

と、だんだんマフラーの音でバイクのメーカーがわかるようになりました。

 

筑波や8耐(鈴鹿サーキット)など、国内で有名な会場にも足を運びました。
海外のレーサーとも触れ合うことが多く、その熱血ぶりには驚かされることが多くありました。

バイクは事故がつきもの。
親指を事故でなくし、レースに出場するために足の親指を手に移植するレーサーなど、様々な熱血漢に会いました。

いろいろな仕事をした中で最も熱いと感じたのがレーサーです。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。