明るいホームレスのススメ

2018.08.18 Sat
ホームレス 家族 悩み 欲 老後

私には14歳年下の妹がいます。
とっても面白い発想の持ち主で、時々週末に遊びに来ると、お腹が痛くなるくらい笑わせてくれます。

以前遊びに来た時には、『欲』が話題になったのですが、妹は
「子供たちが独立をして、旦那が先に死んでしまったら、私は何にもいらないし、片付けるのが苦手だから、家の中はそのままにして、解体業者に家を壊して整地してもらうの」
というのです。

「え?!!幾ら何でもそれはないんじゃないの?」
「私には欲がないの。片付けるのも苦手だから、家と一緒に全部壊してもらって、みんな持って行ってもらえればいいの。そして自分一人が住むだけの四畳半のアパートを見つけてそこに住めればそれでいいんだ」
「私も特に何が欲しいというのはないけれど、夏暑くて暑くて仕方がないとか、冬隙間風で寒くて仕方がないというのは嫌だな〜」
「ねえ、芳子姉さん、明るいホームレス一緒にしない?」

私の家の庭で明るいホームレスをすれば、寝るときだけは私の家の中で寝ることができるから、快適だというのです。

「例えばさ、小さなカマドを作って、飯盒でご飯を炊くとか、メザシを焼いて食べるとか。楽しそうじゃない?」
「それって、ホームレスというよりは、アウトドア女子生活じゃないの?」
「そっか、ま、気楽に生活しよう!って話」

実際、妹にはこんな冗談で笑っていられないほどの大きな悩みがあります。
それを知っている私は、一緒になって笑いながら、妹の強さ、前向きさ、明るさに尊敬の念を持つのです。
悩みがある時も、自分で自分を笑わせるくらい前向きでいたいものですね。

関連記事

  • 人から憧れられる「モンブラン×星の王子様」のボールペン

    私は昔からあまりブランド物には興味がありません。 仕事ではたくさんのブランドものを扱っていますが、ブランドものだからと購入したことはありません。 私自身が個人的…

  • 留学先で生まれた一生モノの出会い

    私の娘にナオミという日本名をつけたのは、カナダに留学したときにお世話になった日本女性です。 彼女の洗礼名がナオミでした。 私はなるべく日本人がいない地域に行きた…

  • 4家族だけで150人!驚きのマサイ族文化に触れて

    ケニアのナイロビからセスナに乗ってアンボサリというところまで行くと、多くのマサイ族が住んでいます。 マサイ族は「勇敢な戦士」と呼ばれますが、実際にマサイ族の村を…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。