歳を重ねても挑戦し続けるマインドを作るには

2018.07.21 Sat
ポジティブ 人生 仕事 働き方 前向き 悩み 未来

予知能力や霊感を持った友達が何人かいるのですが、そのうちの一人が15年後の話をしてくれました。
正直、今から15年後のことなど考えたこともありません。
変化が多く中長期の予測を立てるのが難しい社会に生きていると、短中期の予定しか立てられないのです。
正直なところ、中期の予測も難しいですが、社長と言う立場もありますから、短期のみの予定では済まされません。

私自身は永遠の38歳。
とにかく自由奔放に年齢など考えず、前に突っ走る人間です。
40代の私であれば、もっと積極的に、そして攻撃的に将来の青写真を作り出したでしょう。

しかしこの数年間、様々な知り合いたちがたどった人生を目の当たりにして、躊躇するようになりました。
ある友人は上場に失敗し、会社が空中分解してしまいました。
ある友人はM&Aをしましたが、倒産同然のM&A だったという後日談を耳にしました。
ある友人は病気で、あっという間に死んでしまいました。
ある友人は夜逃げをしてしまいました。

私が企業戦士として、とにかく全身全霊で戦っていた時の仲間です。
その仲間たちとは、切磋琢磨して頑張ろうと常に気合いを入れあって来たわけですが、次々に彼らは表舞台から消えて行きました。
そんな彼らが去った後、気がついて見たら、いつも最も奮闘していた私だけが表舞台に残っていたのです。

しかし、友人は15年後のアペックス、15年後のアルトについていとも簡単に語り出しました。
そこで私は自分がどれだけ未来を描けなくなっていたかを痛感したのです。
どんなに不安だったとしても、未来について前向きに考え続けなければ、成長はありません。
「私自身をもっと信じて、もっと前向きに生きて行かなくては」と気持ちを新たにしました。

関連記事

  • 人から憧れられる「モンブラン×星の王子様」のボールペン

    私は昔からあまりブランド物には興味がありません。 仕事ではたくさんのブランドものを扱っていますが、ブランドものだからと購入したことはありません。 私自身が個人的…

  • 留学先で生まれた一生モノの出会い

    私の娘にナオミという日本名をつけたのは、カナダに留学したときにお世話になった日本女性です。 彼女の洗礼名がナオミでした。 私はなるべく日本人がいない地域に行きた…

  • 4家族だけで150人!驚きのマサイ族文化に触れて

    ケニアのナイロビからセスナに乗ってアンボサリというところまで行くと、多くのマサイ族が住んでいます。 マサイ族は「勇敢な戦士」と呼ばれますが、実際にマサイ族の村を…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。