体調不良を嘆く母に伝えたい、娘の気持ち

2018.06.16 Sat

私の母は84歳になります。
母は、昔から数字に強く、知り合いの電話番号は全て暗記していました。
経理の仕事が中心だったせいもあるかもしれません。

そして、母は昔から乗り物に弱く、よくめまいと乗り物酔いに悩まされていました。
私がカナダに留学していた時代から、いつも母の手紙は体調不良の話が中心だった気がします。
そして今の母の話も自身の体調不良の話題が80%。
後の20%は自分自身を取り巻く家族との話です。

母の話を聞いていると、どちらかというと愚痴にしか聞こえず、
『ああ、また文句を言っている』
という気になるのですが、先日私が肩の不調を母に伝えると、郵便で大量の湿布が届きました。

また母は毎年誕生日になると、1万円を送ってくれます。
「美味しいものを食べなさい」という一文と一緒に。

先日、会社で嫌なことがあって家に戻り、中庭で風にあたっていた時に、そんな母のことを思いました。

私自身も母であり、二人の息子と一人の娘の母です。
どんなことがあっても子供は子供。
喧嘩をしても、いがみ合いがあっても、子供には幸せでいてもらいたいと思っているのが親です。

母もまた、何歳になっても私と妹たちのことが心配なのです。
人間は永遠に生きられるわけではありません。
今この時に、母の優しさ、子である私への思いを感じ
「ありがとう。お母さん。」
と言える立場にあることは、ありがたいことだと思いました。

明日は父の日。ぜひみなさんも、お母さまやお父さまに感謝の気持ちを伝えてはいかがでしょうか。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。