9ヶ月で出生率14%アップ!デンマーク夫婦の意識を変えた動画

2018.05.26 Sat

先日イギリス王室のキャサリン妃が第三子を出産してニュースになりました。
2人の王子と1人の王女。ほのぼのとした写真に目を細めた人も多いのではないでしょうか?

王室ファンが多いイギリスではこうした王室の出産に刺激されて妊娠する人も多いと聞いたことがあります。
イギリスの出生率は一人の女性に対して1.81人。
日本はというと1.46人。
なんの打開策もない中、時間だけが過ぎ去っていくような気がします。

日本と同じように少子化問題を抱えていたのがデンマーク。
以前は出生率1.37だったのですが、画期的な特効薬が出現!そのおかげで出生率が短期間の間に14%もアップしたそうです。

特効薬といっても薬ではありません。
政府の少子化に対するキャンペーンフィルムです。

Do It For Denmark! | Spies Rejser – YouTube

Do It For Denmark!というタイトルからすると、『お国のために頑張ろう!』というようなニュアンスなので、固い内容のVTRなのかと思いきや、発想が面白く素敵なメッセージ。

簡単に言ってしまうと、今のままではデンマークはダメになってしまう。
もっと子供を作ろう!という内容なのですが、子供を作るにはセックスをしなければなりません。
どうしたらもっとセックスしたくなるか?という観点から作られたプロモーションビデオです。

『この女性、実はMade in Franceなのです』
という導入から、海外で受胎されたデンマーク人に焦点を当てています。
海外旅行をし、いつもと異なった環境で刺激を受ければ、性欲も出て妊娠につながるという内容。
実際にこのVTRが流されてから、海外受胎旅行をする人が増えたそうです。

おかげで今ではデンマークの出生率は1.69。
わずか9ヶ月で14%アップ達成です。

日本の政治家達が、もっと具体的な解決策考案に時間を使ってくれたら。
と、切実に思いました。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。