人生を彩る食の喜び

2018.04.14 Sat

2月後半は風邪を引いたところに花粉症に見舞われて、抗生物質、消炎剤、そして抗ヒスタミン剤をとりました。
ところが、風邪と花粉症の症状は治まったものの、味覚に異変が・・・・・

いつも好きなコーヒーを飲めば、なんだか塩っぽい。
食欲がないと言う私のためにスタッフが買ってきてくれた幕の内弁当も、全く箸が進まず。
唯一美味しいと感じたのは、コカコーラ・・・。
普段健康に気をつけている私にしてみたら、もう本末転倒の事態。

ミカンなら美味しいかもしれないと思い、口に運ぶも、1、2房食べたらもうダメ。
挙句の果てには、薬の飲み過ぎで胃が荒れて、食欲そのものが減退しました。

こうなってみて初めて思いました。
これを食べたいとかあれを飲みたいという欲求が湧かないと、生きている喜びの半分以上がなくなってしまうことに。

だんだんと体調が良くなってきた時、先輩が
「ねえ、美味しいものを食べに行きましょう!」
と銀座の隠れ家的な和食のお店に連れて行ってくれました。

春がいっぱいに感じられる前菜!

新鮮なお刺身。全て天然物です。

この日は長崎から取り寄せた天然のフグをいただきました。

春を感じさせてくれる山菜の天ぷらも絶品でした。

でも何よりも美味しかったのが、白子の炭火焼でした。

一皿一皿をいただきながら、「なんて幸せなの?!」と感じました。
生きていてよかったと実感。
美味しいものを美味しいと感じることがどれだけ幸せなことかわかった瞬間でした。

関連記事

  • ドイツ初のカフェ「Cafe MALDANER」を訪問

    先日のドイツ出張の時、帰りのフライトまで少し時間があり、ドイツの街を歩いていると行列が目に入りました。 古めかしいお店の入り口に10〜15人くらいの人が並んでい…

  • ドイツでおいしいレストランを見つける方法

    最近ドイツではイタリアンフードが人気で、なんとなく入店したらイタリアンレストランだった、ということが多々あります。 でも、せっかくドイツに行ったらドイツ料理を楽…

  • ヨーロッパの展示会に学ぶお花の飾り方

    ヨーロッパの展示会でいつも驚くのが、見事な生花のディスプレーです。 日本の展示会ではそうそう出会えないレベル。 人々が集う場所やホールに、ダイナミックかつ自由に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。