子ども時代に置き忘れてしまった「幸福の種」

2018.03.30 Fri

先日車を運転していた際、ふと目の横をかすめた看板に
『砂場ごっこ』
という文字がありました。
運転をしていたので二度見はできませんでしたが、「砂場」「ごっこ」という言葉が引き金になりなんだかとても懐かしい気持ちになったのです。

小さな頃、近所のお友達と一緒によく〇〇屋さんごっこという「ごっこ遊び」をして遊びました。
定番は、お花屋さん、ケーキ屋さん、お菓子屋さんなど。

「ねえ、今日はケーキ屋さんごっこする?」
「私がケーキ屋さんするから、〜ちゃんは、お客さんね」
なんてやりとりがあったような気がします。

そして「砂場」という言葉。
小さい頃は、砂場で遊ぶことがとても多かったのを覚えています。
幼稚園の頃から、シャベルを持ったり、バケツを持ったりして、砂場で遊びました。
そして砂団子を作ったり、砂山を作ったり・・・
砂場は想像力を最大限に生かしてくれる場所でした。

その二つの言葉が私の心の中の
「まだ誰も疑わず、まだ遊ぶことに集中できて、まだ楽しいことだけを追求していた」
純粋無垢な時代の思い出のドアを開けてくれたのです。

大人になると素直に、気持ちのままに、何かを集中的に楽しむことが難しくなります。
でも時には、そういう時間を持てたら、本当に幸せなのではないかな?と思いました。
お子さんがいらっしゃる方は、お子さんといっしょに、自分が小さい頃に好きだった遊びをするのもいいかもしれませんね。

関連記事

  • 取引先から「魔女」と呼ばれて

    会社を卒業し、取引先の方々からお手紙がたくさん届きました。 どれも心打たれるものばかりで、Nさんからの手紙もそうです。 Nさんとは長いこと、組み立て式の木製事務…

  • 社長退任後に届いた手紙

    設立した会社・アペックスの卒業式でビデオレターを上映してもらったのですが、そこに入りきらなかったメッセージを後日いただきました。 アスカのタオルというタオルメー…

  • 感動の卒業パーティーと経営者仲間からの言葉

    10月26日の卒業から約10日後に、アペックスのスタッフ達が素敵な素敵なパーティーを開催してくれました。 今までのアペックスの歴史をまとめたビデオには、寿退社し…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。