学生時代の夢と今の私を比べて思うこと

2018.02.10 Sat
カナダ 人生経験 夢 学生 就職 新聞記者 結婚 自伝 起業 野心

私は学生結婚をし、カナダにて長女を育てながら、就職し、8年半ほど生活した経験があります。
その当時を知る友達が、先日私と会った時に、こう言いました。
「ねえ、芳子、あなたが若いころ掲げていた将来の夢覚えている?」

全く予想もしなかった質問に、しばらく考え込んでいると、
「芳子はね、若いくせに、『私は将来自伝を書くのが夢なの』って言っていたのよ。覚えている?」
と言いました。
「それを聞いて、なんて傲慢な女の子なんだろうって思ったわ」
とその友人が笑いながら私に言いました。

確かにそのような夢を掲げていたと薄ぼんやりと思い出すとともに、なぜあんなことを言ったんだろう?とも思いました。

20歳か21歳くらいの頃の私は、大学でコミュニケーションを学び、新聞記者になりたいという夢を持っていました。その流れの中で、ものを書くことにつながる夢を語っていたのかもしれません。

果たしてそんな時が来るかどうかはわかりませんが、少なくとも自分自身の人生を振り返ると、野心を持って社会に出て起業したことで、通常の3、4倍の人生経験をすることができたのではと思います。

関連記事

  • 本物に触れることは、感性を磨くこと

    私が仕事に200%の勢いで向き合っていたころ、 「そろそろ娘には美しいものや素敵なものをたくさん見せていこうと思うの。そうしないと、いくら口で言っても理解できな…

  • 歳を重ねても健康体でいるための心がけ

    よく幼稚園や小学校の運動会で、お父さんたちが子供と一緒に障害物競走などに参加した際、転んで鼻血を出すなんてことがあります。 私も、一生懸命に走るお父さんの足が絡…

  • 子ども時代に置き忘れてしまった「幸福の種」

    先日車を運転していた際、ふと目の横をかすめた看板に 『砂場ごっこ』 という文字がありました。 運転をしていたので二度見はできませんでしたが、「砂場」「ごっこ」と…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。