いつまでも女性が若々しく輝き続けるために必要なこと

2018.02.07 Wed
おばあちゃん ニックネーム 会社経営 呼び方 子育て 孫 実年齢 家族 結婚 起業

私自身は学生結婚で、20歳そこそこで結婚しました。
出産も20代と早く、私の3人の子供達はもうすでにそれぞれ結婚し、家族も持っています。
3人目の子が生まれた年に起業したので、とにかく『子育て』と『会社経営』に追われ、時間もお金もありませんでした。夫とはお互いのフラストレーションをぶつけ合いながら戦友のような関係でやってきました。

私は「奥さん」と呼ばれるのが大嫌いで、それと同じくらい嫌なのが「おばあちゃん」とか「お孫さん」と言う言葉です。
夫の兄2人は、40歳と42歳で孫を授かりました。
40歳と42歳で祖父になったと言うことですが、今の日本で、35歳近辺で結婚する人が増えてきていることを思うと、40歳や42歳で祖父や祖母という定義はあまりに若すぎます。

最初の孫スカイくんが生まれた時に、娘が「なんて呼んでもらいたい?」と聞いてくれたので、色々考えました。
その結果として、芳子という名前から、「ヨーヨーはどう?」というと、それが私のニックネームになりました。
そして私自身、「なおみさんのうちのスカイくん」とか「ジュリアンさんちのコーラルちゃん」と呼んでいます。

先日のクラス会では何人かの友人が、
「私もバーバになりました」
と自己紹介していました。
彼女たちは、自分に孫ができ、おばあちゃんになったことが嬉しいわけですから、それはそれで良いのです。
ただ、正直私はその呼び方が「あまりに老齢すぎて、受け入れられない」と思いました。

今までも、実年齢は言わないことに徹してきました。
実年齢よりも歳がいっていると思われたら、自分自身の努力が足らないわけで、実年齢よりも若く思われたら、自分自身がかなり努力をしているというわけです。
そう後輩の女性たちに語ってきましたし、これからもこういう気持ちで頑張っていきます。

関連記事

  • ご近所のお葬式をお手伝いした時の話

    今は斎場でのお葬式が多いため、ご近所だからと言ってお葬式のお手伝いをする風習は少なくなりました。 私が昔住んでいたところはいろいろな風習が残っていて、ご近所のお…

  • 子どもが自立した時は親の人生が変わる時

    子供達が小さかった頃、たくさんの理想や夢を掲げて 『将来こんな家庭にしたい!』 と努力していました。 限られたお金と時間の中で奮闘していたのですが、楽しかった思…

  • 大型犬の子犬に心を掴まれる5つのポイント

    私は基本的に犬が大好きです。 でも小さすぎる犬は踏んでしまいそうで、どうしても怖くなってしまいます。 私が心から可愛いと感じるのは、ゴールデンレトリバーや、ラブ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。