不思議でしっかり者の末っ子

2017.12.27 Wed

私が起業したとき、わずか4ヶ月だった末っ子のアキラくん。

子供達が小さかった頃、上の二人から
「ねえ、お母さん、お母さんはアキラにだけは優しい声で返事をするけど、アキラが一番好きなの?!」
と言われたことがあります。
私にしてみたら、上の2人と同じだけの時間をアキラくんとは過ごすことができず
「本当に母親として申し訳ない」
と感じていたのが声にあらわれていたのかもしれません。

アキラくんは小さな頃からちょっと変わっていて、お話ができるようになった頃から自分が生まれてくる前の不思議な話をよくしてくれたことを覚えています。
小さな子供ですが、毎回その話には一貫性があって
「本当にこの子は生まれる前のことを覚えているのかもしれない」
と思いました。

アキラくんは第六感が強くて、地震を予知したり、普通の人では分からないことを口にしたりするので、家族の間でも不思議がられていました。

普段はとってもソフトで優しい癒し系男子だと思っていたのですが、ここ数年の間の彼を見ていると、頼もしさを感じることが多くなりました。
彼が大きな企業で仕事をしているからかもしれませんが、社会のこと、組織のこと、根回しのことなどを良く理解していて、彼の発言は上の二人に比べると非常に理論的です。

そして今年、色々なトラブルに見舞われて家族みんなの心が揺れた時も、彼はしっかりとした自分の意見を持ち、トラブルに対応してくれました。

アキラくんのお嫁さん・結衣ちゃんとは一緒にお仕事していますが、血が繋がっていないにもかかわらず、よく私と親子に間違われます。
イメージも私とよく似ているから不思議です。

よく私のことを気にかけてくれて、優しい言葉をかけてくれるアキラくん。
彼が息子でいてくれて、感謝です。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。