起業直後の私を励ましてくれた娘の言葉

2017.11.25 Sat

私には3人の子供がいます。
2人は男の子で、女の子は長女のなおみちゃんだけです。
彼女は長男の5歳年上、次男の7歳半年上のため、小さな頃からまるで弟たちのお母さんのように接していました。

私が起業直後に本当に大変な日々を送っていた頃、専業主婦のお母さんと自分を比較しては自己嫌悪しました。
仕事も上手くいかないし、お金もない、そして子供達には何一つ母親らしいこともしてあげられない。
そんな私がある日早めに仕事が終わったため、3人の子供をそれぞれ学童保育と保育園に定時に迎えに行った時、ふとバックミラーで目のあった長女に、
「ねえ、なおみちゃん、なおみちゃんが大きくなったら、どんなお母さんになりたい?」
と聞きました。

自分自身が本当に何も母親らしいことができず、子供達に申し訳ないと思っていた私に、なおみちゃんは一瞬の躊躇もなく
「なおみはね、大きくなったら、お母さんみたいなお母さんになりたいの。」
と言いました。

砂漠の乾ききった土のような心がす〜っと水で潤わされていくような、そんな気持ちになったのを今でも思い出します。

その瞬間に、
『こんなに小さな子が私にエールを送ってくれているのだから、成功しなくちゃ!!』
と思いました。

そのなおみちゃんも今やお母さんになり、ワーキングマザーとして頑張っています。
そのなおみちゃんが先日カフェのリニューアルの時に、彼女の大好きな絵心を使って、素敵な絵をプレゼントしてくれました。
素敵なデンマークの町並みを絵にしてくれたのです。

ありがとう、なおみちゃん。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。