起業直後の私を励ましてくれた娘の言葉

2017.11.25 Sat

私には3人の子供がいます。
2人は男の子で、女の子は長女のなおみちゃんだけです。
彼女は長男の5歳年上、次男の7歳半年上のため、小さな頃からまるで弟たちのお母さんのように接していました。

私が起業直後に本当に大変な日々を送っていた頃、専業主婦のお母さんと自分を比較しては自己嫌悪しました。
仕事も上手くいかないし、お金もない、そして子供達には何一つ母親らしいこともしてあげられない。
そんな私がある日早めに仕事が終わったため、3人の子供をそれぞれ学童保育と保育園に定時に迎えに行った時、ふとバックミラーで目のあった長女に、
「ねえ、なおみちゃん、なおみちゃんが大きくなったら、どんなお母さんになりたい?」
と聞きました。

自分自身が本当に何も母親らしいことができず、子供達に申し訳ないと思っていた私に、なおみちゃんは一瞬の躊躇もなく
「なおみはね、大きくなったら、お母さんみたいなお母さんになりたいの。」
と言いました。

砂漠の乾ききった土のような心がす〜っと水で潤わされていくような、そんな気持ちになったのを今でも思い出します。

その瞬間に、
『こんなに小さな子が私にエールを送ってくれているのだから、成功しなくちゃ!!』
と思いました。

そのなおみちゃんも今やお母さんになり、ワーキングマザーとして頑張っています。
そのなおみちゃんが先日カフェのリニューアルの時に、彼女の大好きな絵心を使って、素敵な絵をプレゼントしてくれました。
素敵なデンマークの町並みを絵にしてくれたのです。

ありがとう、なおみちゃん。

関連記事

  • 私とマクドナルドの歴史

    マクドナルドにはいろいろな思い出があります。 学生時代、今はもうない御茶ノ水駅の前にあったマクドナルドでアルバイトをしていました。 子どもが生まれてからは、カナ…

  • 家族との女子会の楽しみ方

    長男の娘・コーラルちゃんは、私と一緒にいる時間を楽しんでくれます。ときどき 「ねえねえ、ヨーヨー(私のニックネームです)女子会しない?」 とおませなお誘いをして…

  • 悩みに疲れたらどうする?昔の自分が教えてくれるヒュッゲな時間

    私には4歳年上のいとこがいます。 小学校低学年の頃、夏休みや冬休みにいとこの家に連泊で遊びに行っていました。 埼玉県の深谷市にあったいとこの家で過ごした夏休みの…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。