起業直後の私を励ましてくれた娘の言葉

2017.11.25 Sat

私には3人の子供がいます。
2人は男の子で、女の子は長女のなおみちゃんだけです。
彼女は長男の5歳年上、次男の7歳半年上のため、小さな頃からまるで弟たちのお母さんのように接していました。

私が起業直後に本当に大変な日々を送っていた頃、専業主婦のお母さんと自分を比較しては自己嫌悪しました。
仕事も上手くいかないし、お金もない、そして子供達には何一つ母親らしいこともしてあげられない。
そんな私がある日早めに仕事が終わったため、3人の子供をそれぞれ学童保育と保育園に定時に迎えに行った時、ふとバックミラーで目のあった長女に、
「ねえ、なおみちゃん、なおみちゃんが大きくなったら、どんなお母さんになりたい?」
と聞きました。

自分自身が本当に何も母親らしいことができず、子供達に申し訳ないと思っていた私に、なおみちゃんは一瞬の躊躇もなく
「なおみはね、大きくなったら、お母さんみたいなお母さんになりたいの。」
と言いました。

砂漠の乾ききった土のような心がす〜っと水で潤わされていくような、そんな気持ちになったのを今でも思い出します。

その瞬間に、
『こんなに小さな子が私にエールを送ってくれているのだから、成功しなくちゃ!!』
と思いました。

そのなおみちゃんも今やお母さんになり、ワーキングマザーとして頑張っています。
そのなおみちゃんが先日カフェのリニューアルの時に、彼女の大好きな絵心を使って、素敵な絵をプレゼントしてくれました。
素敵なデンマークの町並みを絵にしてくれたのです。

ありがとう、なおみちゃん。

関連記事

  • 会話しているとメモを渡してくる母の話

    私の父はすでに他界しました。 84歳の母は妹夫婦と生活していますが、最近妹から、 「母がわがままばかり言う」 という愚痴を聞かされていました。 不思議なもので「…

  • 親の愚痴にどう向き合うべきか

    私の母は今年で84歳です。 父が亡くなってから9年ほどたちます。 父と母は、子供の頃から知り合い同士の家柄で育ち、父も母も小さな頃からお互いを知り、結婚に至った…

  • マッチョトレーナーのやさしい心遣い

    私が通うパーソナルトレーニングジムの入り口でとっても可愛らしいサインを見つけました。 なんと、ジムの軒下にツバメが巣を作っているのです。 そのツバメに対する優し…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。