なくてはならない仕事の必需品

2017.10.25 Wed
DS-20 カシオ 仕事 創業 思い出 懐かしい 現役 素敵 縁の下の力もち 電卓

ある朝、会社で仕事の準備をしている時に、ふと手が止まりました。
新しく素敵な電卓を常に机の上に置いているものの、私が本当に使うのは、古い古いCASIOの電卓 DS-20。
この電卓には深い思い出がつまっているのです。

創業時、社員はまだ私と私の友人の二人だけ。
何もわからない私たちが、机と椅子を購入し、電話を手配し、次に買ったのがこの電卓でした。
当時の貸しオフィスも、シンプルで何もないオフィスでした。
この電卓は私たち二人にとって、一人前になるためのツールのような存在だったのです。

当時はログハウスや2×4を輸入するという仕事をしていました。今からは想像もつきません。
よく見積書を作っていたので、その度CASIOの電卓を叩いていました。

私が会社を立ち上げた時に手伝ってくれた友人は、若くして亡くなってしまいました。
ですから当時のことを思い出してシェアする相手はもういません。

固定電話などはリースの期間が終わろうとする頃間違いなく壊れるのに、このカシオのDS-20は28年たった今でも現役です。
この電卓の裏を見ると、最初のオフィスとその次のオフィスの古いシールが貼ってあります。
目にするたび、懐かしい気持ちでいっぱいになります。

テレビの番組で、『巨匠の銘品』という番組があります。
もしその番組が取材に来てくれたら、きっと私はこのCASIOのDS-20を迷わず紹介することでしょう。

派手なところはないけれど、無ければ困る縁の下の力もち。
人間性も同じで、そんな人こそ大切にしたいと思いました。

関連記事

  • ブルーカラーライダーに出会った時の心得とは

    アメリカが誇るバイクの祭典・デイトナバイクウイークの取材のために、シアトルからカメラクルーを調達し、デイトナのバイクウイークの取材に回ったのは、ずいぶん前のこと…

  • 米・バイクレースの悲劇にみた生死の重さ

    米フロリダのデイトナは、車のレースで有名です。 バイカーによるバイカーのバイカーのためのお祭り「デイトナ・ウィーク」が毎年開催されています。 今はどうなのかよく…

  • 今までで一番「熱い」と感じた職種

    ずいぶん前のことになりますが、いろいろな会社の輸入部門の代行をしている時にバイクの映像権の輸入の仕事に携わったことがあります。 American Motor C…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。