なくてはならない仕事の必需品

2017.10.25 Wed

ある朝、会社で仕事の準備をしている時に、ふと手が止まりました。
新しく素敵な電卓を常に机の上に置いているものの、私が本当に使うのは、古い古いCASIOの電卓 DS-20。
この電卓には深い思い出がつまっているのです。

創業時、社員はまだ私と私の友人の二人だけ。
何もわからない私たちが、机と椅子を購入し、電話を手配し、次に買ったのがこの電卓でした。
当時の貸しオフィスも、シンプルで何もないオフィスでした。
この電卓は私たち二人にとって、一人前になるためのツールのような存在だったのです。

当時はログハウスや2×4を輸入するという仕事をしていました。今からは想像もつきません。
よく見積書を作っていたので、その度CASIOの電卓を叩いていました。

私が会社を立ち上げた時に手伝ってくれた友人は、若くして亡くなってしまいました。
ですから当時のことを思い出してシェアする相手はもういません。

固定電話などはリースの期間が終わろうとする頃間違いなく壊れるのに、このカシオのDS-20は28年たった今でも現役です。
この電卓の裏を見ると、最初のオフィスとその次のオフィスの古いシールが貼ってあります。
目にするたび、懐かしい気持ちでいっぱいになります。

テレビの番組で、『巨匠の銘品』という番組があります。
もしその番組が取材に来てくれたら、きっと私はこのCASIOのDS-20を迷わず紹介することでしょう。

派手なところはないけれど、無ければ困る縁の下の力もち。
人間性も同じで、そんな人こそ大切にしたいと思いました。

関連記事

  • コロナ禍で広まりつつあるフィンランドの精神「SISU」

    北欧というと、一般的にはスウエーデン、ノルウエー、デンマーク、フィンランドを指します。地理的にも近く気候も似ているのでひとまとめされがちですが、それぞれに独特の…

  • コロナで劇的な変化が生まれた展示会

    コロナは世界的規模の被害であり、多くの人々に強制的な変化をもたらしました。 歴史上、類を見ない出来事のひとつだと思い知らされる毎日です。 展示会にも大きな変化が…

  • 突然「狸の置き物」が家の前に置かれていた理由

    先日、我が家のエントランス横に狸の置き物が2つ置かれていました。 アペックスの入り口に置いてあった置き物です。 置きに来てくれた女性スタッフ二人からのメッセージ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。