夏の花火と忘れられない思い出

2017.08.09 Wed
ご褒美 夕涼み 渋滞 潔い 特等席 素晴らしい 綺麗 美しさ 花火 高崎

先日は花火大会でした。
川敷のすぐそばにあるジムの屋上は見晴らしがよく、花火を目の前で鑑賞できます。
花火大会が始まる前は夕涼みがてらジムの屋上で夕食をいただきながら、ビールやワインを楽しむ人でいっぱいです。
大玉花火が上がると、まるで頭の上に花火が落ちてくるような感覚にとらわれるくらい近距離なのです。

今年も予約をして、良い席が取れました。
河川敷の横を走るバイパスは車ばかり。
以前、花火大会の日にテレビの仕事があり、高崎駅に戻って来た時には大渋滞でした。
しかし、ゆっくりと動くバイパス上の車は花火がよく見えて、たちまち特等席に!
あれほど渋滞が素晴らしいご褒美だと思ったことはありませんでした。

昨年まではあまりに花火が美しいので、カメラに収めようと一生懸命でしたが、今年は一つ一つの花火を見逃さないように、自分の目に焼き付けました。

花火を作るには多大な時間がかかるものの、火がついたらあっという間に空に散ってしまいます。
潔い中に凝縮された美しさがあり、父が亡くなる直前の花火を思い出しました。
同じ河川敷に面した国立病院の窓から美しい花火をみたのです。
一人の人がこの世を去ろうとしているのに、花火がとっても綺麗で、窓の外を見ながら、なんだか複雑な気持ちでいっぱいでした。

そして私の中で一番古い花火の記憶は、母の背中で見た花火です。
あの大きな音が怖くて泣いていた私に、母は大玉花火が上がるたび
「わ〜綺麗、芳子見てごらん」
と言って、私に花火を見せようとしたのを覚えています。
あの時の大きな音と、振動は忘れられません。

そんな色々な記憶が自分の中に湧き上がる、そんな一夜でした。

関連記事

  • 我が家の新しいクリスマスカード&年賀状

    出会ったばかりの頃、夫が最初に連れて行ってくれたのがシアトルでした。 シアトルには夫の尊敬しているジャンとデイビッド夫妻がいたのです。 ジャンは日系アメリカ人で…

  • 不思議でしっかり者の末っ子

    私が起業したとき、わずか4ヶ月だった末っ子のアキラくん。 子供達が小さかった頃、上の二人から 「ねえ、お母さん、お母さんはアキラにだけは優しい声で返事をするけど…

  • 寒い日に「ヒュッゲ」を楽しめる日本の名アイテム

    11月生まれの私は、寒い日も苦手ではありません。 むしろ、外の寒さや風が厳しい日に暖かい家の中で過ごす時の「守られている感」が大好きです。 そして、まさにそれこ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。