歳を重ねても健康な目を保てる正しいアイケア

2017.07.15 Sat

現代人にとって目の健康は死活問題。

パソコンやスマートフォンで日々目を酷使していて、眼精疲労に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

 

アイマスクやアイピローなどのアイテムを活用して疲れた目を労わっている方もいます。

ドラッグストアをぐるりと巡るだけでも、リラックス効果のあるラベンダーの香りがするアイマスクや、冷たいアイピローなど、バラエティに富んだアイテムが目に入ってくるでしょう。

 

こうしたアイテムを活用するのも悪くありませんが、目はそもそもタンパク質でできているものです。

目が疲れた時に冷たいアイピローを使うととても気持ち良く感じますが、こうした気持ち良さは脳で感じている感覚なのだそうです。

本来目の疲れを癒すためには、冷やさずに温めた方が良いとのこと。

 

こういうことは専門家に聞かないとわかりませんが、誰でも40歳前後で老眼の傾向があらわれ、近くのものが見えにくくなります。

そういう人は気持ち良さだけを追求せずに、目にとって何が良いのかを十分に理解してアイケアしましょう。

関連記事

  • 社長が一番嫌いなフレーズ

    以前「社長が一番嫌いなフレーズ」という特集で、 「お話があるんですが」 という言葉が挙げられていました。 スタッフから「お話があるんですが」と言われたら、だいた…

  • 会社存続の危機に直面したらどうすればいいか

    会社経営の悩みの9割は、「お金」と「人」ですが、経営者としての経験年数が長くなるにつれ、その割合は低くなっていく傾向にあります。 「お金」と「人」以外で、会社経…

  • 大国のリーダーが気づかない環境問題

    デンマーク在住の友人あけみさんが 「芳子さん、明後日出発だと思うけれど、デンマーク異常気象で、すごく暑いから洋服注意してね!」 とわざわざ電話をくれました。 い…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。