人生で「流れ」を味方につける方法

2017.07.12 Wed

人生には「流れ」があります。

たとえば、良いことも悪いことも続く時がありますよね。

そんな時、「何がきっかけでこのような流れがきているのか」とピンポイントで当てられる人は少ないのではないでしょうか?

 

良いことが起こり始めると、なんとなく「私、持っているかも!」と思います。

悪いことが起こり始めると、「なんだか悪いことばかり起こっている。2度あることは3度あるっていうから……」と心配するあまり、さらに悪いことを引き寄せてしまうこともあります。

 

こうした「流れ」を感じた時は、良い流れは続くように、悪い流れは変えられるように、自分自身で人生の方向性を変えるのが一番です。

 

まるで神様が後押ししてくれているかのように、全てのことがとんとん拍子に進む良い流れの時は、自分のしていることが正しいと評価されていると信じ、奢ることなく謙虚に日々努力すること。

悪い流れの時には、塩を撒いたり、お祓いをしたり、自分なりのやり方で流れを断ち切ると良いでしょう。

 

ぜひ流れを味方につけて、人生の舵取りをしてくださいね。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。