有言実行!夢を実現する言葉の使い方

2017.06.10 Sat

言霊(ことだま)とは「言葉に宿ると信じられた霊的な力」だとも言いますが、古代日本では「言葉に宿っていると信じられていた不思議な力」つまり発した言葉通りの結果を導く力があると言われていたのです。

 

いつの間にか、うちの会社でもある暗黙のルールができました。

 

「ご苦労様です」は禁句。

その代わりに「お元気様です」を使う。

 

また

「〜だったらいいな」

といった曖昧な言葉を使うと、

「その言い方だと、いつまでたっても夢のままですよ」

と言われてしまいます。

 

もしも目標があるならば、明確に時間軸を取り入れて、断定的な言い回しをすべきです。

「来年は、売り上げを今年より伸ばしたいな〜」

「もう少し来年は良い年になったらいいと思います」

といった抽象的な発言は、もっと明確化するように促されます。

 

「来年5月までに、売り上げを今年より105%伸ばします」

「来年は今年よりも、人間関係を深める年にします」

というように、自分の発言を具体的に言い切ることが重要です。

 

不思議ですが、自分の口にする言葉が明確であればあるほど、そして断定的であればあるほど、思い描いていたことが実現しやすくなるのです。

ぜひ皆さんも試してくださいね。

関連記事

  • 取引先から「魔女」と呼ばれて

    会社を卒業し、取引先の方々からお手紙がたくさん届きました。 どれも心打たれるものばかりで、Nさんからの手紙もそうです。 Nさんとは長いこと、組み立て式の木製事務…

  • 社長退任後に届いた手紙

    設立した会社・アペックスの卒業式でビデオレターを上映してもらったのですが、そこに入りきらなかったメッセージを後日いただきました。 アスカのタオルというタオルメー…

  • 感動の卒業パーティーと経営者仲間からの言葉

    10月26日の卒業から約10日後に、アペックスのスタッフ達が素敵な素敵なパーティーを開催してくれました。 今までのアペックスの歴史をまとめたビデオには、寿退社し…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。