有言実行!夢を実現する言葉の使い方

2017.06.10 Sat
不思議 具体的 夢 実現 時間軸 目標 言い切る 言葉 言霊 霊的

言霊(ことだま)とは「言葉に宿ると信じられた霊的な力」だとも言いますが、古代日本では「言葉に宿っていると信じられていた不思議な力」つまり発した言葉通りの結果を導く力があると言われていたのです。

 

いつの間にか、うちの会社でもある暗黙のルールができました。

 

「ご苦労様です」は禁句。

その代わりに「お元気様です」を使う。

 

また

「〜だったらいいな」

といった曖昧な言葉を使うと、

「その言い方だと、いつまでたっても夢のままですよ」

と言われてしまいます。

 

もしも目標があるならば、明確に時間軸を取り入れて、断定的な言い回しをすべきです。

「来年は、売り上げを今年より伸ばしたいな〜」

「もう少し来年は良い年になったらいいと思います」

といった抽象的な発言は、もっと明確化するように促されます。

 

「来年5月までに、売り上げを今年より105%伸ばします」

「来年は今年よりも、人間関係を深める年にします」

というように、自分の発言を具体的に言い切ることが重要です。

 

不思議ですが、自分の口にする言葉が明確であればあるほど、そして断定的であればあるほど、思い描いていたことが実現しやすくなるのです。

ぜひ皆さんも試してくださいね。

関連記事

  • 日本人が気を付けるべきコミュニケーションの罠

    私の大学での専攻はコミュニケーションです。 ですから、文章にしても、電話でのやり取りにしても、誤解が生じないように、常に最善を尽くしています。 言い方一つで相手…

  • ビジネスで成功するために必要なものとは

    起業家、企業家、実業家。 この3つの言葉は、リンクしているようで、実はリンクしにくい言葉でもあるんです。 『起業家』は会社を起こす人。 一円で誰でも業を起こせま…

  • 会社が30周年を迎えて思うこと

    起業してから30年、節目の年を迎えました。 以前に会社でパーティーを盛大にしたのは、20周年の時。 それから10年。あっという間でした。 約100人の方々と、心…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。