裏切られ落ち込んだ時、私を支えてくれたもの

2017.05.24 Wed
やまない雨はない メンタル 一方的 人間関係 友人 思い 支え 落ち込む 裏切り 過信

かつて「絶対に私を裏義ならいはず」と信頼していたものがあります。
ところがそれに裏切られた時、例えようがないくらい大きな衝撃を受けました。

「私の思いは一方的で、裏切らないと思った私が馬鹿だった」
とわかった瞬間でもあります。

人間というのは、自分勝手に解釈するものです。
自分から見た世界と、実際の世界には大きな隔たりがあるのです。

自分の「良い」は必ずしも相手にとっての「良い」ではなく、自分の信じている「事実」はあくまでも自分が作り出した「事実」なのです。
決してそれは現実と一致しないのです。

だから、自分自身の信じている「事実」を過信してはいけません。
それはとても危険なことです。
最近私は身をもって経験しました。

でもそんな時、めげている私を励ましてくれる友人の存在がにも感動しました。
年齢も性別も関係なく私を大切に思ってくれる仲間。
私が寂しくてどうにもならない時に、そっとハグをしてくれた友人。
私の心が折れそうだった時に、手を握ってくれて
「やまない雨はないよ」
と言ってくれました。
そんな友がいなかったら、今の私は一体どうなっていることか。想像もできません。

人間は、とても弱いものです。
一人では生きていけません。

友人は、本当にありがたい存在です。

関連記事

  • 日本人が気を付けるべきコミュニケーションの罠

    私の大学での専攻はコミュニケーションです。 ですから、文章にしても、電話でのやり取りにしても、誤解が生じないように、常に最善を尽くしています。 言い方一つで相手…

  • ビジネスで成功するために必要なものとは

    起業家、企業家、実業家。 この3つの言葉は、リンクしているようで、実はリンクしにくい言葉でもあるんです。 『起業家』は会社を起こす人。 一円で誰でも業を起こせま…

  • 会社が30周年を迎えて思うこと

    起業してから30年、節目の年を迎えました。 以前に会社でパーティーを盛大にしたのは、20周年の時。 それから10年。あっという間でした。 約100人の方々と、心…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。