Q10
軽井沢に移住をしたいのですが、70歳を過ぎ体が不自由な母を置いていくわけにもいかず……どうしたらいいでしょうか?(T.K.さんより)

2017.01.22 Sun

軽井沢の夏は観光客と別荘族で混み合い華やかなイメージですが、それ以外の季節はとても静かで心地いい場所です。

私は雪が降っている時の軽井沢が特に好きです。
空気が澄み切っていて、とても静か。
部屋の中で暖をとりながら静かな自然に目をやると、時にはキジが外を歩いていたり、野鳥が窓のそばに来たりと、とても素敵な場所です。

文章を書いたり、クラフトをしたりするのが好きな人には最高の場所でしょう。
冬場でも素敵なカフェがあり、疲れたらカフェで一休みするのも粋です。

 

ただ、お母様にとっては、軽井沢に住むことは課題があると思います。
お母様が同じように自然が好きで、ご自身も趣味を持っていて、時間を持て余さないような方であれば、寂しいとは思わないでしょう。

しかし、今のご近所にお友達がいたり行きつけのお店があったりして、
「そのお友達と会えなくなることが寂しい」
「いつも行くお店に行けなくなるのが嫌だ」
などと感じるようであれば、注意が必要です。

 

私の家族でも、同様の課題に直面したことがあります。
夫の母が一人になった時に、義兄夫婦が彼女を引き取りました。
義兄夫婦にとっては心配のタネが目の届くところにいるので、遠く離れているより安心だったかと思いますが、母にとってはとても孤独な環境で、あっという間に認知症が進みました。

 

そこで、もし可能であれば、試しに貸別荘等にお母様も連れて行って、様子をみたらいかがでしょうか?
そうすることで、軽井沢で暮らせるかどうか予測が立つのではないでしょうか?

または、お母様を軽井沢に何度も連れていって、軽井沢の魅力をお母様に伝えるところからスタートした方が無難かもしれません。
軽井沢にも永住している人たちはたくさんいらして、その輪に入れれば安心かと思います。

ただ、とてもデリケートな問題なので、無理に急がない方が良いでしょう。
いい道筋が見つかることを祈っています。

 

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。