「新年の抱負」の答え方と、夢を叶えやすくする魔法

2017.01.04 Wed

年が改まると、多くの人が初夢の話で盛り上がります。

新しい目標を胸に心機一転して新しい年を始めたい!と思う方も多く、よく「あなたの夢は?」と聞かれるのではないでしょうか。
新年の抱負を言う機会がある方も多くいらっしゃるでしょう。
そんな時みなさんはどう答えていますか?

 「夢」にはいくつかの種類があります。

n811_omikujisyoujyo_tp_v

【1】妄想

例えば「ジャンボ宝くじを当てて億万長者になりたい」とか、「もっと美人になって、道ゆく人々に振り向いてもらいたい」と言うような、自分自身の努力ではどうにもならない運を天に任せたもの。
あるいは実現するには相当無理がありそうな、それこそ妄想に近いもの。

【2】目標

「今年中に、英会話がもっと話せるようになりたい」とか「今年こそフルマラソンを完走したい」など、自分自身が努力をすれば、なんとかなりそうな目標に近いもの。

 【3】プライベート

「妊娠できたらいいな」とか「職場で気になっている先輩が私に振り向いてくれたらいいな」など、かなりプライベートなもの。

 他にもいろいろな夢がありますが、やはり新年にちなんだ夢であれば【2】目標に該当する夢を口にするのが無難です。

目標のような夢であっても、なかには「実現できないと困るから言わない」と言う人がいます。
しかし年始に今年の夢を口にしたところで、誰もその結果まで突き詰めて観察することはほとんどないと思います。

imaric20160805383916_tp_v

「自分の夢を口にする」行為は夢に一歩近づくための早道になるので、自分のためにも堂々と発言すると良いでしょう。
いわゆる「ことだま」ですね。
不思議なもので、頭で想像したり心の中で思っているよりも、言葉にすると言う行為は、より一層物事を明確にしてくれます。
結果夢に一歩近づく手立てでもあると思っています。

 ここまで書いたら、私の2017年の夢も書かなくては!
私の2017年の夢は、仕事もプライベートも200%エンジョイすることです。

関連記事

  • 家で「何もしない」をしてわかったこと

    普段からじっとしているのが苦手で、自分自身を『まぐろ族』と例えるくらい、常に何かしていないと気が済まない性格です。 カレンダーは常に3ヶ月先くらいまで色々な予定…

  • 片目だけで生活してわかったこと

    怪我をして動けなり、いろいろな気づきがありました。 犬の散歩中に転んで顔面をかなり強打したため、額はフランケンシュタインのように腫れ上がり、MRI撮影をしてくれ…

  • 松葉杖をついて痛感したこと

    今回の怪我で、生まれて初めて松葉杖、そして車椅子を体験しました。 右顔面を強く打ち、右目が腫れ上がって見えないうえに、右手も酷く打って紫色に。 整形外科ではMR…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。