この一年を振り返って、私が気づいたこと

2016.12.31 Sat

大晦日ですね。
気がつけばもう今年も本日で終わりです。
この一年は今までとは違い、大きな変化を迎えた年でした。

img_4871

私は「人生において、自分自身のベースとなる核の部分は不変・不動だ」と信じてきました。
しかし決してそうではなく「生きている限り、予想だにしないことが起こりうる」と認識したのです。

そのため常に前向きで明るいはずの私が、数ヶ月間深く悩み、深く傷つきました。

その中で気づいたことは、
「いくら悩んでもどうにもできないことからは、一日も早く自分自身を引き離そう。本来あるべき自身を取り戻し、一歩一歩前進していくことが、結果自身の幸せに繋がるんだ」
ということです。

今までの私は、常に夫・家族・部下・仲間・友達など関わる人々のために、少しでも貢献できる人間でありたいと願ってきました。
それが宇宙の法則として、結果自分自身の幸せとして戻ってくるとも信じていました。

しかし「これからの人生は、もっと自分自身を大切にすることも必要なのだ」と気づきました。

ですから、今年は自分自身の夢のためにお金を惜しみなく使いましたし、またそこから多くの新しい出会いや喜び、希望が生まれました。
年末を迎え、深く傷ついた自分自身の心に耳を傾けたら、「もう大丈夫!」という声が聞こえてきました。
そして新しい年の展望を考えられる状態にもなったのです。

そんな『気づき』の多い一年だった気がします。
みなさまも、良いお年をお迎えください。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。