中小企業の繁栄を叶えるたった二つの方法!
正しい社長人生のあがり方【後編】

2016.11.05 Sat

※この記事は
 「歴史が長い企業=優良企業ではない!正しい社長人生のあがり方【前編】
 「安易な会社継承は無免許運転と同じ?正しい社長人生のあがり方【中編】
 の続きです。

n934_akusyusuruhutaribiz_tp_v

■明確な目的さえあれば、M&Aはハッピーリタイアに繋がる

中小企業が繁栄と安定を叶える
たった二つの方法とは、

一つは上場。
それが難しければ、
M&A(吸収合併)です。

日本ではM&Aに良い印象がありません。
「だめになったから吸収合併される」
というマイナスイメージがあるようです。

実際には、この厳しい経済状況の中で
生き残るためにM&Aを選ぶわけで、
業績が悪ければM&Aもできません。

海外では、社長のハッピーリタイアの
手段として、M&Aが選ばれています。
M&Aは退職後の資金が手に入るため、
好意的に受け入れられています。

そこで私はM&A を視野にいれて
・M&A で吸収された会社の話
・M&Aの候補となっている会社
・M&Aの比率として理想的な会社規模
などをリサーチしました。

そして100社とのマッチングを経て、
10社とお見合いまでさせていただいた結果
上場企業とのM&Aにこぎ着けました。

このように無事M&Aできた理由は、
「こうしたい」という明確な目的が
3つあったからです。

それは、
1)自分が保証する融資額の保証を外れる
2)自分の会社を妥当な金額で買ってもらう
3)M&A後も好きな仕事を継続できる
でした。

M&Aは1年半ほどかかりましたが、
会社のスタッフも
・しっかりとした退職金制度の導入
・持ち株制度の導入
・お給料もベースアップ
などの変化があり、とても喜びました。

私自身もリタイア後の資金を手に入れ、
重圧に感じていた保証からも外れたため
とても気持ちが楽になりました。

「雇われ社長ってことですよね?」
と言われることもありますが、
今まで通り好きな仕事を自由にできます。

自分の目標が明確であれば、
M&A も社長人生のあがり方として
とても良い選択肢の一つなのです。

関連記事

  • 各国のコロナに対する反応が変わった件

    2月まで、デンマークの取引先は 「コロナは中国とかアジアの問題で、我々は大丈夫」 と全く気にしない様子でしたが、先日は 「人口の割に、ものすごく早く感染が広がっ…

  • 4月7日発売の『ミセス』取材で実感したすごさ

    先日、代々木上原のスタジオで4月7日発売の『ミセス』の取材がありました。 5月号なので「春らしい服装で」というリクエストがあり、思い切り春らしいお色でまとめてみ…

  • 意外と気がつかないストレスの兆候とは

    「体と心の関連性」については以前から興味があり、ときおり記事や書籍を読んできました。 ところが自分のことになると、勉強していても心の変化に気がつかないものです。…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。