安易な会社継承は無免許運転と同じ?
正しい社長人生のあがり方【中編】

2016.11.02 Wed

※この記事は前回の記事
 「歴史が長い企業=優良企業ではない!正しい社長人生のあがり方【前編】
 の続きです。

imarip0i9a7464_tp_v

かつてお仕事をご一緒した会社の社長さんは
ご病気が発覚してからたった3ヵ月で亡くなり、
急きょ跡継ぎを探すことになりました。 

私が残念でならなかったのは、
会社のことを全く知らない奥様とお嬢様が
株の大半を所有していて、安易に
次の責任者を選んでしまったことです。

これは、運転免許を持っているかわからない人に
自分も同乗している車の運転を任せるようなもの。
命運を預けるには、あまりにもリスキーでした。

 

■私が夫の病気から学んだこと

私の会社は昨年で25周年目に突入し
業績もここ10年伸び続けていますが、同様に
退任後について考える局面がありました。

それは、3年前に事業のパートナーである夫が
病気になった時です。スタッフにも口外せずに
治療を受けなんとか乗り換えたものの、唯一
会社について相談できたのは娘だけでした。
(娘は6年前に入社しています)

彼女に

「もしもお父さんの病気が長引いたら、
 お父さんの仕事を引き継げる?」

と聞いたところ、

「頑張ればできると思う。
 でもお母さんが看病に追われても、
 お母さんとお父さん両方の仕事は
 とてもやっていける自信がない」

と言いました。

私も夫もフルタイムで仕事をしていたので、
娘一人で二人分背負えないのは当然です。

しかもスタッフを30名以上抱えていて、
家族を養っているスタッフも多いとなると
今後の計画を慎重に練るべきだと感じました。

そこで、私は
「中小企業が繁栄と安定を叶える方法は
 実は2つしかないのではないか?」
と思いました。

この2つの方法については、
次回の後編でお伝えしますね。
ぜひ楽しみにお待ちください!

関連記事

  • 各国のコロナに対する反応が変わった件

    2月まで、デンマークの取引先は 「コロナは中国とかアジアの問題で、我々は大丈夫」 と全く気にしない様子でしたが、先日は 「人口の割に、ものすごく早く感染が広がっ…

  • 4月7日発売の『ミセス』取材で実感したすごさ

    先日、代々木上原のスタジオで4月7日発売の『ミセス』の取材がありました。 5月号なので「春らしい服装で」というリクエストがあり、思い切り春らしいお色でまとめてみ…

  • 意外と気がつかないストレスの兆候とは

    「体と心の関連性」については以前から興味があり、ときおり記事や書籍を読んできました。 ところが自分のことになると、勉強していても心の変化に気がつかないものです。…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。