「ドアの向こうには何が?」
想像力をかきたてる、小さなドア。

2016.10.05 Wed

私の長女はクラフトが大好きです。

私の1.5畳のプライベートスペースに、たくさんの可愛らしいものがあるのを知っていた彼女が、ある日「ねえ、今小さなドアが密かに流行っているのだけれど、小さなドアいらない?」とメールをくれました。
 
「小さなドア?」と聞くと、「ねえ、壁だとか庭の木だとかに、小さなドアが付いていたら、そこから小人やフェアリーが出てきそうで、想像しただけで、楽しくない?」と彼女。
私も小さな頃から想像力豊かでしたので、すぐにワクワクしてきました。
「うん、小さなドアいる!!」と答えました。
 
「どんなののがいい?」と聞かれたので、「人魚をモチーフにしたものが一つ欲しいな!」と言ったら、このドアができました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

しかも巾木があって、ドアまでに8cmほどの高さがあることに気づいた彼女は、「はしごが必要ね。」と、こんな可愛いはしごまで作ってくれました。
 
そしてもう一つテーマカラーのブルーで、別のドアを作ってくれました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c2

とっても可愛いティファニーブルーのドア。ゴールドがとても上手にアクセントとなっています。
あのドアの向こうに何があるのかな?
と、思わず思いをはせてしまう。
 
小さなドアは、大きな想像力をかきたててくれる素晴らしいアイテムです。

関連記事

  • 大人になっても母からのお小遣いを受け取る理由

    母はここ十数年、私たち姉妹とそのパートナーの誕生日には『お小遣い』と称して1万円を送ってくれます。 体調が優れない母とはいつお別れがあるかわからないと思うと、全…

  • 死の直前に訪れる、不思議な「慈悲の時間」

    父は生活習慣病とも言える肺癌で、10年ほど前に亡くなりました。 荷物の整理をしていたら父が書いた挨拶状が出てきました。 5月29日に入院して抗がん剤治療をし、約…

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。