生きた言葉を添えて。
大切な人へのプレゼント

2016.08.13 Sat

私には、3つの大切な指輪があったので、
長女にルビーの指輪をプレゼントした時に、長男のお嫁さんにはピンクパール、
そして次男のお嫁さんにはブルートパーズと、3つとも同時に手放すことにしました。
 
夫が、「普通こういうのは亡くなった時に、形見分けするんじゃないの?」と心配顔。
「ちゃんと言葉で指輪の由来を伝えて、なぜこれをあげたいのかわかってもらったほうがいいじゃない?」と私。
「それに大切な指輪が3つとも無くなるってことは、新しいのが必要になるってことなので、よろしくね!」と補足。
 
次男のお嫁さんは長女の元で営業職についていて、元気で私によく似ている気質です。
時には一緒に営業に出たりすると、本当の親子に間違われます。
 
そんな彼女には私がキャリアを積んでくる中で、勝負の時にパワーをくれた指輪をプレゼントしたいと思いました。
きっと彼女にはこの指輪が必要な時がたくさん来るような気がしています。
彼女が下記のようなコメントを書いてくれました。
 
************************
芳子さんから私がもらったのは
こーんなに大きなブルートパーズのついたリング♡
 
石が横向きについているなんて珍しいと思いました!
これは芳子さんが起業して間もない頃に特別に作ってもらったそうです。
 
この深いブルーがパワフルで良いと直感的に思い選んだところ、
ジュエリーデザイナーさんから石を横に使うと普通と違って
ユニークになるということと、リングにパワーを与えるなら
上に立つという意味で冠のようなデザインにしようということで
出来上がったんだそうです。
 
私も仕事をしていく上で芳子さんのように
パワフルに仕事もプライベートも頑張れるように
ここぞという勝負の時にはこのリングをつけたいと思います♡

1

関連記事

  • 雨の日に思い出す、結婚式前の義母との思い出

    雨がシトシトと降り「寒いな〜」と感じる日、必ず思い出すことがあります。 それは私がまだ結婚する前、カナダの義母との思い出です。 カナダの結婚式には、小さくカット…

  • 年老いた親が痛みを訴え続ける本当の理由

    今年84歳の母は、このところずっと体調不良を訴え続けています。 涙が出ない、唾液が出ないという免疫系の病気を持っているため、確かにつらいだろうと思います。 特に…

  • コロナ禍で開催した、小さな花火大会

    夏の風物詩といえば花火ですが、今年はコロナのせいでほとんど見られなかったので、あきらさんの家の庭で小さな花火大会をしようということになりました。 花火大会を間近…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。