複数枚色違いが鍵!トップスを揃える時のコツ

2016.01.02 Sat

新年になりました。今年もよろしくお願い致します。

今日からお買い物に行かれた方もいらっしゃったかもしれませんね。そこで今日は洋服の話題です。

人は他人の印象を洋服の形ではなくて、色でジャッジするとスタイリストさんに教わりました。
例えば緑が好きだからといって、同じような緑色の形の違うトップスを数枚購入したところで、
多くの人は、「あの人いつも緑をきている。」くらいにしか思ません。
下手をしたら、「いつも同じものをきている。」と思うかもしれません。
 
そこで、私は自分にあっているシルエットのトップスをみつけると、迷わずに複数枚、色違いを購入することにしています。
シルエットはその人のイメージを醸し出すものです。
異なった色は、まったく別の印象を人に与えてくれます。
 
私はドレープ状のカットソーが大好きです。
カチッとしたスーツやジャケットの下で、女性らしい優しさを醸し出すからです。
 
 unnamed2
(マックスマーラウイークエンドで購入のカットソー)
 
スーツの下に着るものとしては、落ち着いた色合いが好まれますが、休暇やパーティーなどのときには、
明るい色合いのものもすてきです。
 
unnamed
(今回は沖縄に行くので、明るい辛子色とレッドを購入しようかと思っていたのですが、考えたらブラックやネイビーはパンツにもスカートにも合わせやすく、使う頻度もたかそう!ということで、4色まとめて大人買いしました。)
 
スーツはジャケットは値が張りますが、トップスはそこまで値が張りません。
そこもポイントです。

関連記事

  • 一目ぼれした『HOSHINO 東京』の靴

    骨折して、『HOSHINO 東京』のオーダーメイドシューズを発注してから受け取るまでに2年もかかってしまった話をブログに書きましたが、その話には続きがあります。…

  • 世界三大織物の奄美大島「大島紬」の魅力

    先日の女子会で「コロナが少し収まっていた頃に奄美大島へ旅をしてきた」という話を聞きました。 奄美大島には、100%絹の手織りの平織「大島紬」があります。 フラン…

  • 「HOSHINO」のオーダーメイド靴に感動

    昔から憧れていたのが、オーダーメイドの靴。 靴のオーダーメイドブランド「HOSHINO」では、自分自身の足から木型を作り、ヒールの高さ、皮の種類、靴の内側の仕様…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。