アーティチョークの花咲かせレポート

2022.07.20 Wed

アーティチョークを育て始めた私。

無事にかなりの数のアーティチョークが実り、ボイル料理をしました。
どんな花が咲くのか見たかったので、いくつか実を残して
「どんな花が咲くのかな?」
と楽しみに待っていました。

実を食べてから約2週間経った頃、残していた実がだんだん紫色に。
腐ってしまったのかしら?と心配していましたが、硬い蕾が開き始めました。

アーティチョークは育てたことがなく、一瞬「これが花?」と思ってしまいましたが、先日の夕方、かなり鮮やかな色の花が咲き始めました。
日本ではあまり馴染みがない植物ですが、「朝鮮アザミ」という名称で密かに親しまれていたようで、あの松岡子規の俳句にもアーティチョークが登場しています。

『紫の花に刺ある薊哉』

この句を読むと、なんだかとてもハイカラな食べ物だったアーティチョークが身近な植物に感じられます。

関連記事

  • アーティチョークの花咲かせレポート

    アーティチョークを育て始めた私。 無事にかなりの数のアーティチョークが実り、ボイル料理をしました。 どんな花が咲くのか見たかったので、いくつか実を残して 「どん…

  • 毎年やってくるツバメの赤ちゃんレポート

    毎年、会社の軒先にツバメがやってきます。 去年は五羽のヒナが元気に巣から飛び立っていきました。 忙しく出たり入ったりするツバメのお母さんを見て 「これで何年目に…

  • 春におすすめの北欧雑貨3選

    最近、北欧雑貨の人気が高まっています。 北欧は環境意識が高く、家具、雑貨、インテリア全般的に、「木」や「花」などの自然素材がとても多く用いられていて、部屋全体を…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。