絶品!超高級マンゴー『太陽のタマゴ』

2022.07.13 Wed

ここ数年、思い出したように「ふるさと納税」のページを開き、商品を選んでいます。
旬のものだと申し込みをしてから数ヶ月経って届くこともあり、小包を受け取って
「何を申し込んだんだっけ?」
と思い出せないことがあります。

先日、宮崎県西都市から小包が届きました。
冷蔵と書いてある包みを開けると、『太陽のタマゴ』と大きく箱に書いてありました。

  

『太陽のタマゴ』は、とっても高級なマンゴーです。
ネットに自然落下したマンゴーを出荷するそうで、糖度が高いのが特徴です。
糖度15度以上、重さ350g以上、外観の1/2以上が鮮紅色
という厳しい基準を満たしたものだけという決まりがあります。

『太陽のタマゴ』という名前は、マンゴーの形が恐竜の卵に似ていること、そしてその色が太陽の国・宮崎にふさわしい色だということで名付けられたそうです。
そして今年はこの『太陽のタマゴ』誕生20周年だそう。

届いた『太陽のタマゴ』は、今が食べどきと言わんばかりに熟していて、甘い香りが漂います。
そのまま冷蔵庫に入れようと思ったのですが、すぐに食べたくなり、ぱくり。
甘くてジューシー!
本当に美味しいマンゴーでした。

ちょうどその前日、ミーティングの合間に都内の明治屋に行って、まさにこの『太陽のタマゴ』が積み上げられているのを見たのですが、一箱2個入りでなんと5,960円!
なかには4Lサイズのものもあるそうで、お値段は驚きの40万円だとか。
いつの日かチャンスがあったらお目にかかりたいものです。

マンゴー好きな方は、ぜひふるさと納税で探してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  • 日本人が驚く『海外のメロン事情』

    海外でいつも驚くのが、メロンの種類の多さです。 日本では高級品というイメージですが、海外だともう少しカジュアルな存在で、BBQや持ち寄りパーティー、ブッフェやバ…

  • 絶品!超高級マンゴー『太陽のタマゴ』

    ここ数年、思い出したように「ふるさと納税」のページを開き、商品を選んでいます。 旬のものだと申し込みをしてから数ヶ月経って届くこともあり、小包を受け取って 「何…

  • 新感覚!家庭菜園で作れるアーティチョーク料理

    こちら、何の植物かご存知でしょうか? 正解はアーティチョーク。 地中海沿岸を原産地とするキク科の多年草で、チョウセンアザミとも言い、イタリアが一番の生産国です。…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。