スローライフを楽しむカナダ夫婦に学んだこと

2022.03.01 Tue

私のカナダの友達Georginaは、夫のBruceとマジシャンの仕事をしています。
知り合った当時は、私の長女が2歳半、彼らの息子が1歳半で、お互いに若くて楽しいお付き合いをしていました。

二人は、よく
「マジックだけでは食べていけないから」
と言って、マクドナルドでパートの仕事をしていました。
子供たちの誕生日パーティーを祝うドナルド役です。

その後、私が日本に移り住んでから疎遠になっていたのですが、10年ほど前にfacebook でつながり、今でもマジックで生計を立てていると聞いて驚きました。
新しい変化と言えば、サンタクロースの仕事が11月ごろから入るようになったことだそうです。

笑いに溢れたゆったりとした世界で生計を立てている二人と、ビジネス界で目を三角にして働いてきた私たち。
同じ夫婦ですが、あまりにも違った人生を送っています。

そんな彼らから送られてきた雪景色の中のユーモラスな風景。

心がほっこりしませんか?
ちょっと一息つく大事さを感じます。

 

関連記事

  • 春におすすめの北欧雑貨3選

    最近、北欧雑貨の人気が高まっています。 北欧は環境意識が高く、家具、雑貨、インテリア全般的に、「木」や「花」などの自然素材がとても多く用いられていて、部屋全体を…

  • スローライフを楽しむカナダ夫婦に学んだこと

    私のカナダの友達Georginaは、夫のBruceとマジシャンの仕事をしています。 知り合った当時は、私の長女が2歳半、彼らの息子が1歳半で、お互いに若くて楽し…

  • 世界各国のコロナ事情

    最近はヨーロッパ内での移動は比較的自由に行えるようになり、あとはその国の規定に則ったルールに従うことになっているようです。 デンマーク政府は2021年9月11日…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。