神秘的な美しさ。モロッコ『青の街』旅行記

2021.10.06 Wed

私の家のドアは濃いブルーです。


デンマーク人の友達の『このドアの色はバイキングの魔除けの色だね』というコメントでもっと好きになり、アクセサリーや靴、メモ帳やブックカバー、名刺入れに至るまで、ブルーオンパレードでした。

そんなある日、フィルム会社の作成したカレンダーで見たモロッコの『青の街』の景色が脳裏に強く焼き付けられ、いつの日か『青の街』に行くことが夢になりました。

その夢が実現したのは、2019年9月5日です。
街の入り口あたりから、色々なティントのブルーでデコレーションした建物が並び始めます。

こういった粉状の染料が売られていて、外壁や階段など、綺麗に塗装されています。
ダイビングで深い海の中に入ったような錯覚を起こすほど、美しいブルーの路地裏に魅せられました。

まさしくこのドアの色がバイキングの魔除けの青です。
このお家は可愛らしいミニハウスを入り口横に作りつけてあって、プランターになっていました。
雨の少ないこの地域では、植物も貴重です。

海外へ行けるようになったら、またもう一度訪れてみたいと思います。

関連記事

  • 春におすすめの北欧雑貨3選

    最近、北欧雑貨の人気が高まっています。 北欧は環境意識が高く、家具、雑貨、インテリア全般的に、「木」や「花」などの自然素材がとても多く用いられていて、部屋全体を…

  • スローライフを楽しむカナダ夫婦に学んだこと

    私のカナダの友達Georginaは、夫のBruceとマジシャンの仕事をしています。 知り合った当時は、私の長女が2歳半、彼らの息子が1歳半で、お互いに若くて楽し…

  • 世界各国のコロナ事情

    最近はヨーロッパ内での移動は比較的自由に行えるようになり、あとはその国の規定に則ったルールに従うことになっているようです。 デンマーク政府は2021年9月11日…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。