社員を魅了する小さなお客様

2021.07.08 Thu

今年も会社の軒下にツバメが巣を作り、4個の卵を産みました。
スタッフは毎朝出社するたび、巣を見上げるのを楽しみにしています。
卵の殻が巣から落ちてくると
「ツバメの子が下に落ちたのではないか?」
とみんなで心配しましたし、入り口のドアから母ツバメが飛び込んできたときは、お店の棚の裏に入ってしまって大騒ぎ。

そうこうしているうちに、小さなヒナがかえってふわふわの頭が巣から見え隠れするように。
1羽だけが小さいということにも気づきました。

そんなツバメのひなたちが、昨日の朝、一斉に空を飛ぶ練習をスタートしました。
とても賑やかに声をあげ、遠くにいかず、巣の近くを母ツバメについて勢いよく飛び回ります。
一羽だけ小さかったツバメも一緒に飛んでいます。
朝のお掃除をする手が止まり、みんなで空を見上げて、嬉しくなりました。

少し大きくなったツバメのひなたちは再び巣に戻り、疲れたのか静かにおやすみ。
「あと何日ここにいるのかしら?」
と話し合う私たちの心はほっこりし、自然と笑顔になりました。

関連記事

  • 毎年やってくるツバメの赤ちゃんレポート

    毎年、会社の軒先にツバメがやってきます。 去年は五羽のヒナが元気に巣から飛び立っていきました。 忙しく出たり入ったりするツバメのお母さんを見て 「これで何年目に…

  • 春におすすめの北欧雑貨3選

    最近、北欧雑貨の人気が高まっています。 北欧は環境意識が高く、家具、雑貨、インテリア全般的に、「木」や「花」などの自然素材がとても多く用いられていて、部屋全体を…

  • スローライフを楽しむカナダ夫婦に学んだこと

    私のカナダの友達Georginaは、夫のBruceとマジシャンの仕事をしています。 知り合った当時は、私の長女が2歳半、彼らの息子が1歳半で、お互いに若くて楽し…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。