海外流!蚤の市の楽しみ方

2021.05.22 Sat

みなさんは蚤の市に行ったことはありますか?

私の先輩にアンティークのコレクターがいて、長いことご夫婦でヨーロッパに住み、気功治療を実践し教えていました。

週末はヨーロッパ各地で開かれる蚤の市を歩いて回るのが好きで、絵画、陶器、バスケット、クリスタル、銀製品、布類を集めてはコンテナーに入れて日本のご実家に送っていたそうです。

帰国後はアンティークギャラリーを作り、その横に治療院も建て、悠々自適の生活をしておられたのですが、数年前にご主人が他界。

残された奥様は私たちのお店で時折アンティーク展を開き、集めてきたものを販売支援してきました。

もともとお二人とも目利きができるため、ものすごく価値のあるものも沢山あります。

ピカソの版画は、私も「できたら譲っていただきたい」と思いましたし、ご夫婦が集めたイギリスのテーブルクロス用の布があまりにも素敵で、プロフィール写真で着用するワンピースに作り直したりしました。

ベルギーはヨーロッパの多くのお金が集まる場所であり、ユダヤ人が宝石やダイヤモンドなどの売り買いをする国としても有名です。

そんなベルギーで「良いものが沢山手に入った」とおっしゃっていました。

 

ヨーロッパでは自分より年上のものをそばに置くと良いと言われます。

掘り出し物を見つけ歩く蚤の市、一度は行ってみたいものです。

関連記事

  • 毎年やってくるツバメの赤ちゃんレポート

    毎年、会社の軒先にツバメがやってきます。 去年は五羽のヒナが元気に巣から飛び立っていきました。 忙しく出たり入ったりするツバメのお母さんを見て 「これで何年目に…

  • 春におすすめの北欧雑貨3選

    最近、北欧雑貨の人気が高まっています。 北欧は環境意識が高く、家具、雑貨、インテリア全般的に、「木」や「花」などの自然素材がとても多く用いられていて、部屋全体を…

  • スローライフを楽しむカナダ夫婦に学んだこと

    私のカナダの友達Georginaは、夫のBruceとマジシャンの仕事をしています。 知り合った当時は、私の長女が2歳半、彼らの息子が1歳半で、お互いに若くて楽し…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。