おいしくて危険な海外風シーザーサラダ

2021.05.05 Wed

海外女性がランチやディナーに食べる鉄板メニュー「シーザーサラダ」。
ロメインレタスがとても美味しくて、私も大好きなのですが、海外のレストランで出てくるシーザーサラダにはシーザードレッシングがたっぷりかかっていて、かなり高カロリー。
でもなんとも言えないチーズの香りと黒胡椒のパンチに負けて、ついついオーダーしてしまうのです。

シーザーサラダの名前は、メキシコのレストラン『シーザーズ・プレイス』のオーナー、イタリア系移民のCaesar Cardini、シーザー氏の名前に因んだものだそうです。
ジュリアスシーザーに関係があるのかしらと思ったのですが、全くの見当違いでした。
1924年7月4日のアメリカ独立記念日に、シーザー氏がありあわせの具材で作ったのがシーザーサラダだったそうです。
シーザーサラダは100年近い歴史があるのですね。

アメリカでとても有名だったフランス料理の研究家、ジュリア・チャイルドがこのレストランを訪れたのが1920年代。
給仕が若いロメインレタスの葉を持ってきてテーブルでドレッシングをかけてくれ、お客さんはロメインレタスの葉を摘んで食べていたとのことです。
時々とってもおしゃれなレストランに行くと、この形のシーザーサラダが出てくることがあります。
ロメインレタスの若葉を全く切らずに、綺麗に積み重なって出てくるのが素敵です。

今はアンチョビが入っているシーザーサラダが王道だと思っている人が多いのですが、シーザー氏はレシピを書き残さなかったために、本来のシーザーサラダにアンチョビが入っていたかどうかはわからないそうです。

海外だとトッピングにガーリックシュリンプやチキンブレストなど、タンパク質系のものを選択できるレストランが多く、半熟卵を崩しながら食べます。
ロメインレタスの中に混ぜられているカリカリしたベーコンもおいしい!
日本のスーパーではあまりロメインレタスが売っていないので、見つけたときは迷わずにカゴに入れてシーザーサラダを作ります。
ぜひみなさんも海外風のシーザーサラダを作って召し上がってみてください。

関連記事

  • メキシカン・ホームパーティーに!トルティーヤレシピ

    週末にいつもお世話になっている友人夫妻をご招待してお食事会をしました。 テーマはメキシカン。 いつもは紙のナプキンを使うのですが、情熱の国メキシコらしく赤の布製…

  • ドイツ・フランクフルトの朝ミーティングでの驚き

    久しぶりにフランクフルトのハイムテキスタイルへ行きました。 世界中から2,500社を超える出展者が集結する世界最大級のホームテキスタイル・コントラクトテキスタイ…

  • ドイツの朝食がすばらしい理由

    ドイツ・フランクフルトから30分くらい離れたオッヘンバックにて、素敵なホテルに泊まりました。 工場を綺麗にレノベーションした「Achatホテル」です。 ドイツの…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。