一番思い入れがあるデンマークの寝具

2021.01.27 Wed

アペックスを卒業してから振り返った写真のなかで、一番思い入れがあったのがこれらの寝具です。
JETROの短期専門家としてデンマークに派遣されたときに「Jorck & Larsen A/S」 と出会わなかったら、今のアペックスはなかったと思います。

40社以上の企業を日本の展示会に誘致してきましたが、Jork & Larsen A/Sのラーセン社長との出会いが最大の転機でした。
まだまだひよっこだったアペックスを信じて、コンテナー1本の製品を日本に送ってくれ
「売れた時に後払いしてくれればいいから、販売してみて」
という一言で全てがスタートしたのです。

日本はメーカー主導で商品開発が進んでいるのに比べ、福祉先進国のデンマークでは現場主導で商品開発がなされていました。
定期的に開かれるミーティングで、現場の看護師、医者、リハビリ担当者などが
「今まさにこういう問題を持った患者さんがいる」
という事実を報告し、メーカーがその問題を解決できる商品づくりをしたのです。

寝具を販売したことがなかった私たちは、デンマークのメーカーの受け売りで国内営業をしました。
かえってそれが良かったのかもしれません。
全くの素人である私たちが、福祉先進国のデンマークのやり方を紹介していくことが、誰にとっても魅力的だったのでしょう。

2020年の春までテレビショッピングで紹介していたDanfillも同じ会社。
約20年近く一緒に歩いてきた、大切な存在です。

関連記事

  • No Image

    仕事しながら運動できる健康アクティブボード「ジンバ」

    皆さんは1日にどのくらいの時間座っていますか? 事務系の仕事をしている人は、ほとんど椅子に腰掛けていませんか? 世界20カ国で1日に座っている時間を調べたところ…

  • 日本と違う、海外のコロナ事情

    一都三県に緊急事態宣言が出るという状況の中、海外の取引先や友人から聞く海外のコロナ事情は日本とかなり異なります。 ドイツの場合、政府の出す指示が明確です。 『学…

  • 一番思い入れがあるデンマークの寝具

    アペックスを卒業してから振り返った写真のなかで、一番思い入れがあったのがこれらの寝具です。 JETROの短期専門家としてデンマークに派遣されたときに「Jorck…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。