一番思い入れがあるデンマークの寝具

2021.01.27 Wed

アペックスを卒業してから振り返った写真のなかで、一番思い入れがあったのがこれらの寝具です。
JETROの短期専門家としてデンマークに派遣されたときに「Jorck & Larsen A/S」 と出会わなかったら、今のアペックスはなかったと思います。

40社以上の企業を日本の展示会に誘致してきましたが、Jork & Larsen A/Sのラーセン社長との出会いが最大の転機でした。
まだまだひよっこだったアペックスを信じて、コンテナー1本の製品を日本に送ってくれ
「売れた時に後払いしてくれればいいから、販売してみて」
という一言で全てがスタートしたのです。

日本はメーカー主導で商品開発が進んでいるのに比べ、福祉先進国のデンマークでは現場主導で商品開発がなされていました。
定期的に開かれるミーティングで、現場の看護師、医者、リハビリ担当者などが
「今まさにこういう問題を持った患者さんがいる」
という事実を報告し、メーカーがその問題を解決できる商品づくりをしたのです。

寝具を販売したことがなかった私たちは、デンマークのメーカーの受け売りで国内営業をしました。
かえってそれが良かったのかもしれません。
全くの素人である私たちが、福祉先進国のデンマークのやり方を紹介していくことが、誰にとっても魅力的だったのでしょう。

2020年の春までテレビショッピングで紹介していたDanfillも同じ会社。
約20年近く一緒に歩いてきた、大切な存在です。

関連記事

  • 春におすすめの北欧雑貨3選

    最近、北欧雑貨の人気が高まっています。 北欧は環境意識が高く、家具、雑貨、インテリア全般的に、「木」や「花」などの自然素材がとても多く用いられていて、部屋全体を…

  • スローライフを楽しむカナダ夫婦に学んだこと

    私のカナダの友達Georginaは、夫のBruceとマジシャンの仕事をしています。 知り合った当時は、私の長女が2歳半、彼らの息子が1歳半で、お互いに若くて楽し…

  • 世界各国のコロナ事情

    最近はヨーロッパ内での移動は比較的自由に行えるようになり、あとはその国の規定に則ったルールに従うことになっているようです。 デンマーク政府は2021年9月11日…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。