アペックス創業期の思い出

2021.01.06 Wed

年末にやっと少し時間ができ、アペックス卒業時に箱詰めしておいたファイルや写真の整理ができました。

写真を見ると、懐かしい思い出が蘇ります。
そんな思い出を写真とともに振り返ってみようかと思います。

この写真は、アペックスを発足して2年目くらい、平成2年頃です。
オレゴン州にあるビルダーたちとお金を出し合って、日本の設計事務所の先生方とともに2x4とログハウスについて勉強しに行きました。
最初は2x4材のログハウスを扱っていたのですが、2x4材とは2x4工法に使用される木材のことで、日本の軸組み工法が柱で強度を出すのに対して、2x4工法は壁を組むことで強度を出します。
2x4材は、2インチ(50.8㎜)x4インチ(101.6㎜)の角材でしたが、1.5インチx3.5インチ程度のサイズで規格化されています。

まだ日本国内で2x4を扱っているハウジングメーカーはほとんどなく、ログハウスの取り扱い業者が少なかった時代です。中には2x4と聞いて、
「2x4のサイズの木材だけを使用して家を作るもの」
と勘違いをしていた設計士の方もいらっしゃったくらいで、『パネル工法』と言われた2x4が地震の多い日本に向いているとP Rしても懐疑的でした。

また、当時すでに外断熱システムを取り入れていた北米に比べ、日本の家屋は断熱性に劣っていました。
クオリティーオブライフを考えた時、屋内での寒暖差がどれだけストレスの元になるかをお話ししても、ストレスだと感じていただける設計士の先生は少なかったです。

もう30年以上も昔の話です。
今では住宅展示場に行くと、高断熱の住宅が増え、窓もペアガラス、トリプルガラスを取り入れているメーカーもあり、多くの変化があります。
時間の流れを感じますね。

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • お金がどんどん入ってくる。起業してわかった『宇宙の法則』の魔力

    会社を作ったばかりでまだ起業家として日々奮闘していた時期は、資金繰りにとても苦労しました。 起業の先輩からは 「とにかく取引先への支払いが最重要で、次に重要なの…

  • 年の瀬のご挨拶

    海外出張に出かけると、日本に戻る飛行機の中で今後の計画についていろいろと考えるのが習慣でした。 上空から見える富士山を確認すると、いつも新しいエネルギーが満ちて…

  • さまざまなチャリティーで社会貢献して、見えてきたこと

    欧米では「自分自身ができる範囲で他者を助ける」という社会貢献が、社会のメンバーとして必要だと認識されています。 私も小さな頃はガールスカウトに入団していたので、…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。