まるでリゾット!本場スペイン風リゾットの極意

2020.09.23 Wed

15年ほど前、スペインに別荘があるデンマーク人の友人からパエリアの作り方を教えてもらいました。
本場スペインの人に教わったレシピだそうで、日本のレストランで口にするパエリアよりもしっとりしていて、リゾットのような食感です。

2人分の作り方は下記の通り。
・26㎝のプライパンに、無洗米を一合と水を600㏄入れる
 ※お米は油で炒めない
・別の鍋に貝類を入れる
・レモン1個をを半分に切ってから、レモン汁を生の貝類にかけ、蓋をして強火で3分
 ※ワインは入れない(旨味が損なわれるため)
・玉ねぎ、パプリカ、セロリのみじん切りを炒め、600ccの水(サフランを入れて色づいているもの)を入れる
・沸騰してきたら、さきほどの貝類をいれる。
・程よく煮立ってきたところで貝類を取り出し、お米をその汁の中に入れて12分蓋をしないで温める。
・さらに5分強火で温めておこげを作り、出来上がったら貝類を戻して完成!

いつもは大鍋でパエリアを作るのですが、今週末は友達が遊びに来たので、二人分のパエリアを26cmのフライパンで作ってみました。

スペインを訪れる度に色々なパエリアを口にしました。
イカ墨のパエリア、シーフードのパエリア、ベジタリアンのパエリア……どれもとてもおいしかったです。
日本のレストランで口にするパエリアはちょっとドライでパリパリしすぎていることが多いのですが、本場スペインのしっとりとしたパエリアは最高です。

ぜひ皆さんも試してください。1時間もあれば作れますよ。

関連記事

  • おいしくヘルシーな北欧料理のすすめ

    スウエーデンやデンマークは、北米に比べてスレンダーな人たちが多いと感じます。 食事でも白いパンは少なく、食物繊維が多く含まれたパン類がメイン。 高たんぱく低脂質…

  • 涼しくおいしい!夏のサラダレシピ2選

    忙しい毎日を送っていると、ついついお料理の手を抜いてしまいませんか? しかもこう暑い毎日だと火を使いたくありません。 今日は少し涼しげなお料理を2つ作りましたの…

  • 日本人が驚く『海外のメロン事情』

    海外でいつも驚くのが、メロンの種類の多さです。 日本では高級品というイメージですが、海外だともう少しカジュアルな存在で、BBQや持ち寄りパーティー、ブッフェやバ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。