自粛期間、私たちが大切にするべきこと

2020.08.12 Wed

昨年出版した『FIKA世界一幸せな北欧の休み方・働き方』(キラジェンヌ)の中でも、
「働き方を考えるのであれば、休み方について考えなければならない」
と述べさせていただきました。
それだけ日本人の働き方を変え、新しい生活様式を啓蒙することは難しいことでした。

たった数ヶ月前まではリモートワークを推奨する企業はほんの一握りでしたし、残業をして帰るのが当たり前だと思っていた人も多くいました。なかには
「あまり早く帰ると、家ですることがない」」
という男性もいました。
飲んで帰るのが当たり前だという人もいました。
旦那さんが家にいると、逆に窮屈で仕方がないという主婦の声もありました。

ところがこのコロナウイルスが世界中に大きな影響をもたらし、私たち日本人の生活の仕方、考え方、価値観があっという間に驚異的スピードで変化しました。
Stay Homeというスローガンと共に自粛を余儀なくされ、今では「コロナ離婚」という言葉ができたくらい強制的な「おうち時間」が生まれました。

ロシアではワクチンが開発されたということですが、我々の元にワクチンが来るのは、まだ少し先の話のようです。
ということは、今しばらくこの窮屈な生活が継続することになります。

先日も20代の友達と話をしていた時に、
「こんなことになってくると、ずっと先の将来とか、何十年後にこうなりたいとか、そういうことよりも、今をどう生きるか?の方が大切になりますよね」
という発言を聞いて、まさしくその通りだと思いました。
今、自分が何をしたいか。
みなさんもぜひ考えてみてください。

関連記事

  • No Image

    仕事しながら運動できる健康アクティブボード「ジンバ」

    皆さんは1日にどのくらいの時間座っていますか? 事務系の仕事をしている人は、ほとんど椅子に腰掛けていませんか? 世界20カ国で1日に座っている時間を調べたところ…

  • 日本と違う、海外のコロナ事情

    一都三県に緊急事態宣言が出るという状況の中、海外の取引先や友人から聞く海外のコロナ事情は日本とかなり異なります。 ドイツの場合、政府の出す指示が明確です。 『学…

  • 一番思い入れがあるデンマークの寝具

    アペックスを卒業してから振り返った写真のなかで、一番思い入れがあったのがこれらの寝具です。 JETROの短期専門家としてデンマークに派遣されたときに「Jorck…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。