今が旬!ズッキーニの簡単おいしいレシピ2選

2020.07.18 Sat

会社のスタッフのご両親が育てたズッキーニをいただきました。
ズッキーニ自体はあまり強い香りや味がありません。
火を通すととても柔らかくなり、マフィンなどの中に入れてデザートの素材として食べたり、オムレツの中に入れて食べたり、中華の炒め物の具材として使ったり…
美味しくとても便利な食材です。

海外では、少なくとも大きさが30cmくらいにならないと収穫しません。
カナダに住んでいた頃は、よくファーマーズマーケット(道の駅のようなもの)で大きなズッキーニを販売していました。
最初見た時には、胡瓜のお化けか、小ぶりの糸瓜(へちま)かと思いました。
日本は胡瓜くらいの大きさになると出荷してしまうため、まだ青く小さく感じます。

ズッキーニの一番おいしい食べ方は
① パン粉をつけて油で揚げ、太いポテトフライのようにする
② リッチなソースをつけて食べる
というもの。
これはよくパブやレストランのアパタイザーとして出されています。

このいただいた大きなズッキーニはキャセロール(オーブン焼き)にしました。
作り方はとても簡単!
① 3cmくらいの厚さに輪切りにする
② ミニトマトと玉ねぎにサラミをのせる
③ オリーブオイルとガーリック、塩、胡椒、パルメザンチーズをかける
④ 耐熱容器に入れてオーブンで焼く

デンマークのマルゲリーテ女王二世の大好物がズッキーニの花の詰め物。
彼女のお料理番が日本人で、お料理番組に出演していました。
ズッキーニがとっても小さいうちに収穫をし、花弁がついた状態で料理するそうです。
ズッキーニは色々な食べ方ができるので、今度自分で育ててみたいな〜と思います。

関連記事

  • おいしくヘルシーな北欧料理のすすめ

    スウエーデンやデンマークは、北米に比べてスレンダーな人たちが多いと感じます。 食事でも白いパンは少なく、食物繊維が多く含まれたパン類がメイン。 高たんぱく低脂質…

  • 涼しくおいしい!夏のサラダレシピ2選

    忙しい毎日を送っていると、ついついお料理の手を抜いてしまいませんか? しかもこう暑い毎日だと火を使いたくありません。 今日は少し涼しげなお料理を2つ作りましたの…

  • 日本人が驚く『海外のメロン事情』

    海外でいつも驚くのが、メロンの種類の多さです。 日本では高級品というイメージですが、海外だともう少しカジュアルな存在で、BBQや持ち寄りパーティー、ブッフェやバ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。